電子作文で行こう!

アクセスカウンタ

zoom RSS 集金の人の暗算力

<<   作成日時 : 2012/06/06 07:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

新聞の購読料とか、玄関マットのリース料の集金に来る方々の暗算力はなかなかのモノです。
もちろん3,675円から12%値引きして円周率を小数点以下17桁で掛け算した後で出精値引きしてガソリン税を掛けたらいくらか、なんてことではありません。

3,675円に対して5千円札一枚と5円玉をひとつ出したら、ほぼ瞬時に1,330円のお釣りを計算してくれる、ということです。
慣れとパターンだよ、という人もいましたが、やはり暗算力があるに違いない。

「暗算に弱い」とよく言われるアメリカ人やロシア人には難しい芸当かも知れない。
ガイコクの人をバカにするワケではありませんが。

もっとも日本人だって、人によっては難しいかも。職種にもよるでしょう。
機械が計算してくれるのが当たり前になっているコンビニエンスストアのレジなんかでは、暗算の必要もない。
しかし暗算以前に、ちょっと気をつけてくれよ、という場面はあります。

1,215円の買い物をしたとする。
5千円札と小銭を出したのはいいが、215円を165円出してしまった、とする。
50円玉と百円玉を間違えて、一枚出してしまった、とする。

そういう時、レジの人は、およそ預かる金額も確かめずにレジに通してしまうのですね。
するとお釣りが3,950円。
別に損をするワケではないので苦情をいう筋合いでもないかもしれない。

シカシ!小銭を減らしたい時もあるのに、こういう仕打ちをされると面白くはありません。
まあ、「仕打ち」というほどヒドイことをされたワケではないのでありますけれども。

そもそも間違えたのは自分なんだから。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
出ちゃっ太さん、どうもです。
私の仕事は小売業ですので、
店舗応援でレジに入る時に
よく経験する事があります。
記事に書いてあるとうり、
お客さんは「キリのいい」つもりで
お金をくれるのだけど、それによって
かえって小銭が増えるケースがあり、
そういう場合は、「小銭がこのように
増えますが・・・?」と一度尋ねて
訂正してお金を貰うようにしています。
しかし、外国人の方は、穴の開いた小銭
(50円、5円)を喜ぶ人が多く、
小銭の種類を指定される事があります。
ただ、過去にそのような応対をしている時に
別の仲間が横から札束を盗んでいったケースが
ありますので注意が必要。私も一度、
「札の番号の末尾が1があれば欲しい」なんて
聞かれた事がありまして、急いでレジを閉めて
難を逃れた事があります。
以上、長々と余計な話でスイマセン(笑)

2012/06/06 17:53
海さん、コメントと楽しいお話しをありがとうございます!
お釣り銭の詐欺は、コンビニエンスストアとかで起きるのかと思ったら、そうでもないのですね。
それとガイコクの人には穴あきのお金が喜ばれるとは、お風呂タイムスリップ漫画「テルマエロマエ」のエピソードを思い出しました。
それでは詐欺にお気を付けて下さい。(^^;
おなら出ちゃっ太
2012/06/08 12:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
集金の人の暗算力 電子作文で行こう!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる