電子作文で行こう!

アクセスカウンタ

zoom RSS おたまじゃくしはカエルになって野にカエル

<<   作成日時 : 2012/08/04 12:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

先般、水が涸れそうになった「カエルの王国」から連れてきた3匹のオタマジャクシたち。
無事にそろってカエルになったようです。
「ようです」と頼りないのは、外で飼っていたため、いつの間にかいなくなったのが2匹いるもので。
(^^;

アマガエルの四肢の指には吸盤があります。
オタマジャクシからカエルになる直前に吸盤ができるのでしょう。
長いシッポのまま、高いところに登ってシッポがなくなるのを待つ習性があるようです。
水槽の壁を登ってシッポが溶けるように消えると同時に、身も心も軽く家を出たのでしょう。

なんとなくビートルズの名曲「She is Leaving Home」を思い出してしまった。

最後の一匹は、家の中でシッポがほとんど消えるのを見届けてから野外に返してあげました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
出ちゃっ太さん、どうもです。
カエル以上に気になったのが、
「She is Leaving Home」です。
たしか「サージェント〜」にはいってる曲
ですよね?中学生の時、初めて聞いて
アルバム自体もびっくりしましたが、この曲も
印象に残ってます。日本語訳が、凄く哀しい内容
だったような気がします。20年ぶりぐらいに
思い出しました(笑)

2012/08/05 09:33
海 さん>>
コメントありがとうございます。
「She is Leaving Home」は高校生のころ、ラジオで聴いて衝撃を受けた曲です。
こんな美しくもの悲しい曲と歌詞はない!と。
後日、木村治美のエッセイで対訳を見つけたので英語の勉強にも大いに役立ちました。
おなら出ちゃっ太
2012/08/06 12:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
おたまじゃくしはカエルになって野にカエル 電子作文で行こう!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる