電子作文で行こう!

アクセスカウンタ

zoom RSS ボウフラがいっぱい

<<   作成日時 : 2012/08/05 12:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

今年のオタマジャクシは、外で育てていました。
この時期、水たまりがあれば増えるのはボウフラです。
「ボウフリも 蚊になるまで 浮き沈み」
彼等にもそれなりに苦労があるようですが、百匹近いボウフラがウヨウヨしているのは見ているだけで痒くなる。

ボウフラが蚊になるには、暑い時期で7〜10日かかるそうです。
一週間に一度、水を全部捨てて新しいの替えてやってましたから、ほとんど蚊になったボウフラはいないんじゃない蚊?
どう蚊な?

ちなみにボウフラは産卵誘引フェロモンを出しており、ボウフラがいる水場には産卵を控えた蚊が集まってくるらしいです。

蚊を増やしたくない蚊多は、たまり水を小まめに捨てるなりしましょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
空き缶にたまった水でも、ボウフラには十分に生活できる環境だそうです。我が家の周囲は畑ですので、雨は地面の下に浸透していき、水たまりはできません。むしろ、空き缶などゴミをなくすことが必要ですね。帰省した娘と孫が薮蚊に刺されて、可哀相なことになっています(^o^;)>poripori
narkejp
2012/08/06 06:55
narkejp さん>>
コメントありがとうございます。
ボウフラの生命力はたいしたものですよね。いささか迷惑ですが…。
せっかく帰省した娘さんとお孫さんがさされたのは残念でした。
来年は念入りにたまり水を除去しなくてはなりませんね。

おなら出ちゃっ太
2012/08/06 12:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
ボウフラがいっぱい 電子作文で行こう!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる