電子作文で行こう!

アクセスカウンタ

zoom RSS 混雑する乗り物で隣に人が座らない方法教えます

<<   作成日時 : 2012/10/03 07:21   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

通勤には高速バスを使っています。二人掛けの席が左右に並ぶタイプの車両ですが、できれば一人で座りたいもの。

混雑してくるとそうは言っていられません。そもそも車内放送で「二人掛けの座席では窓側に座れ、空いた席に荷物を置くな」などと注意が流れます。もちろん命令口調ではありませんが。

にもかかわらず、悪いこととは知りつつ荷物を置いて、できるだけ隣席に人が来ないようにしています。
知らない人が隣にいると落ち着かないし、何か食べたり飲んだりするにも気が引ける。

ましてや運悪く、極めて体格がいい方(縦よりも横に成長することを心がけた方、いずれ白色矮星のように膨張して一気に収縮しようと目論んで折られる方、簡単に言えばデブ)が隣に座るとテキメンに狭いから。デブのくせにデブの横に座るんじゃない!こっちはただのデブじゃない!頭の禿げたデブなのだ!

隣席に荷物を置かないでいると、すぐに席が埋まります。他に空席がないときは特にそうです。
他に空席があっても、隣には相撲取りが座っている、カバが座っている、目の座った男が座っている、席は空いているが椅子が壊れている、椅子の上に犬が糞をしている、頭上にスズメバチの巣ができている時などは、すぐに隣席が埋まります。

そういう時はトモカクとして、他に空いている席があるのに隣席に人気が集まるというのは誰もがハンサムで上品な中年紳士のそばに座りたいのでしょう。禿げていて肥満体でも、ハンサムで上品な中年紳士という事実にはなんらマイナスにはならないようです。困ったものです、もてすぎるというのも。

カバンなどを置いて席を塞がなくとも、隣席を空席にする方法があるらしい。
それが「相席の心理学実験」により証明されているそうです。
二人掛けの座席に、一人で座っている乗客がいる。仮にAとBとしましょう。
Aは、「隣には誰も座ってほしくない」と内心思っている。
Bは、何も考えないで座っている。

すると後から来た人は、どちらに座るか。
ほとんどがBの隣に座るそうです。

言葉や態度であからさまに、「隣に座らないで!」とアピールする必要はない。
「隣に座ってほしくない」と思っているだけで周囲に対して目に見えない“壁”ができて、多くの人が敏感に感じ取るらしいです。

試しにやってみたのですが、効果はありませんでした。
「座るな!」という思念の壁は目に見えないけど、ハンサムで上品な中年紳士であることは一目で分かるからでしょう。
あるいは気の弱そうな、体力もなさそうな、おまけに金ももっていなさそうな貴公子の願いなど一顧だにされないのか。
トホホホ(^^;

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
片方の脚を少しだけ隣の席に進出させておく
とか
通路から歩いてくる人を何気なくガン見する
とか
片手を隣席に何気に置いておく
とかどうでしょう。

少なくとも窓の外を眺めていては
隙を作ってしまいます。

あと、上品な紳士を一時的にやめるとか^^
あさぎ
2012/10/03 09:29
おでこに「肉」とマジックペンで書いておくという
のはいかがでしょう。(古すぎ?)
会社に着いたら消すのを忘れずに。
murakami
2012/10/03 11:05
あさぎ さん>>
コメントありがとうございます。
> 片足を進出させておく
短すぎて気づいてもらえないおそれがある。
その場合は傷つきます。(^^;

> 片手を隣席についている
気づかずに座ったのが女性だったら通報されちゃいます!

それにしても、貴君はそんなことをしているのかね?
( ̄∇ ̄)オホホホホ

おなら出ちゃっ太
2012/10/03 17:34
murakami さん>>
コメントありがとうございます。
「肉」って…(^^;
昔、ジャンプに連載していた漫画のネタですよね?
確かに変だけど、どうしてそのネタが?(^^;

おなら出ちゃっ太
2012/10/03 17:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
混雑する乗り物で隣に人が座らない方法教えます 電子作文で行こう!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる