電子作文で行こう!

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本の刑事ドラマはツマラナイ

<<   作成日時 : 2012/11/10 11:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

推理物は、ラストの謎解きシーンを何とかしてくれ、という苦情でした。
推理物と並んで人気があるらしい刑事モノはどうかというと。
お説教臭くてイヤです。変に現実的というか。

ずいぶん前に観たのですが連続殺人の犯人が、実は家族を殺された復讐だった、というストーリーのドラマがあった。
あと一人殺せば、憎い仇は全部殺せる、というところでお節介な刑事が止めに入るのですね。
「これ以上罪を重ねるな」とか「そんなことをしても亡くなった家族は喜ばない」とか言ってです。

せっかく敵討ちをして来たのだから完遂させてやれよ、と誰でも思うでしょ?
どうせ荒唐無稽な作り話なんだから。

どんな理由があっても人殺しはいけない、という道徳観は大切なのですが、それでドラマのカタルシスをぶち壊してどうするのか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お気持ちわかります。あの型にはまった台詞は
つまらないですね。そんなこと言って、犯人の
気持ちが変わるか、とつっこみを入れたくなり
ます。

そこへいくとアメリカのドラマはよくできてま
す。
今見ている刑事物も台詞がほんとに面白いです。
日本は漫画の世界に才能があつまってしまっ
ているような気がします。漫画原作のドラマも
多いですしね。
murakami
2012/11/11 07:53
murakami さん>>
コメントありがとうございます。
何かこう、イイコちゃんぶりの性善説主義、偽善主義を感じます。
まあ、その辺りの感情を上手く使うと味わいのある作品になるのでしょうけれども。
おなら出ちゃっ太
2012/11/12 12:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本の刑事ドラマはツマラナイ 電子作文で行こう!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる