電子作文で行こう!

アクセスカウンタ

zoom RSS 半世紀プラス1

<<   作成日時 : 2013/06/08 11:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

昨日、老眼をないがしろにしないで欲しい、というようなことを書きました。
老眼にもなるはずです、何しろ、もう51歳。
六月八日で五十一歳になりました。

昔なら天寿を全うしていてもおかしくない年頃ですし、ゾウガメならまだまだ若者と呼ばれる年頃ですし、タンポポなら最低でも500以上の世代を繰り返しているはず(一年に十回発芽と受粉を繰り返すとして)ですし、天体ならガスも固まらない年頃です。

人生であと何回の年越しそばを食べられるか、気になるお年頃でもあります。
普通は桜をみてそういう思いを馳せるようですが、桜のころはまだ誕生日には間があるものでピンと来ません。

ちなみに兄は四十歳、父は55歳で死んでいます。
とりあえず、兄の年齢は追い抜いたのですが、父のそれとなるとどうかしらん?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
お誕生日おめでとうございます。
半世紀すぎて折り返し地点というところですね。
まだまだ、これから貴公子ぶりに磨きをかけて
ください♪
murakami
2013/06/08 15:36
お誕生日 おめでとうございます

目指せ ☆100歳☆ (●^o^●)
ぴーち
2013/06/08 22:23
murakamiさん>>
コメントありがとうございます。
折り返しですか…。ってことはあと半世紀も生きないとダメなの?
(^^;

ぴーち さん>>
コメントありがとうございます。
murakamiさんのコメントを引き継ぐようにして百歳を奨励されてしまいました。
百歳のサラリーマンという本が出てますから、百歳の投稿ファンという本のために頑張ります。

おなら出ちゃっ太
2013/06/10 18:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
半世紀プラス1 電子作文で行こう!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる