電子作文で行こう!

アクセスカウンタ

zoom RSS キバネセセリに死の接吻を

<<   作成日時 : 2013/07/19 07:02   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

庭仕事をしていると、小さな蝶が乱舞していてウルサイくらいです。
キバネセセリという蝶らしいのです。

ラベンダーなどの花の蜜を吸うのは構わないのですが、水分を求めるのか顔にも飛んでくるのはたまらないです。

画像


画像


画像



キバナセセリについては、円山原始林ブログ・7月中旬の円山でも紹介されています。

ウルサイので一匹捕まえて、花壇に巣を作っていたオニグモにあげました。
蝶がもがく間もなく近寄ってきて、8本の脚で抱きかかえるようにして毒牙で咬みつきます。

さながら「死の接吻」という感じですね。

画像


一度でもこの接吻を受けたら、二度とは離れられない。

画像


裏側から撮してみました。

画像


こういうのを見ると、つくづく蜘蛛の巣にかかる生き物でなくてよかったと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
円山原始林ブログを紹介していただき、ありがとうございます!

ところでこのキバネセセリですが、登山道なんかを歩いていると、よく動物の糞に群がっています。

もしかするとエキノコックスの卵なんかもついているかもしれませんので、顔にはとまらせない方が良さそうです。
ほんとに死の接吻になるかも!
2013/07/19 10:49
Scorpionfly さん>>
コメントありがとうございます。
動物の糞というのは、あれでけっこう栄養価が高いのでしょうね。海に投棄した糞にカニやエビや魚がわんさかたかるということは聞いたことがあります。見たくない光景ですが。
キバナセセリがやたらに口や目に来るとバイキンが入りそうでイヤですね、確かに。
エキノコックスの卵はどうかな?と思ったのですが、調べてみると、あれは0.03ミリしかないそうですから、もしかしたら付着して、ということもありそうですねー。
ちなみにキバナセセリをあげたオニグモはいなくなっちゃいました。カラスにでもとられたのかしらん?
おなら出ちゃっ太
2013/07/19 17:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
キバネセセリに死の接吻を 電子作文で行こう!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる