電子作文で行こう!

アクセスカウンタ

zoom RSS 夏休みはバスを待ちながら

<<   作成日時 : 2013/07/27 08:58   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

そろそろ、学校が夏休みに入ったころでしょう。
親元の離れて高校等に通う方々が帰省するころですね。

小学2年生のころ、父の仕事の関係で田舎に転勤になりました。
兄は高校に通うために、元の町に残り下宿暮らし。

夏休みや冬休み、五月の連休など長期の休みには兄が帰省してきます。
それはずいぶんと楽しみなことでありました。

とりわけ夏休みは、バス停に立って待っているのが好きでした。
1〜2時間に一本のバスですが、まず定刻通りには走りません。
15分とか30分は遅れるのは、ザラでした。

それでも退屈することも飽きることもなく、バスの来る方角をじっと見ていたものです。
兄が待ち遠しかったこともありますが、時間の流れがゆっくりだったのでしょう。
今の子どもにはできないでしょう、携帯ゲーム機もなしで30分もバス停に立ちつくすなんてことは。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
>今の子どもにはできないでしょう、携帯ゲーム機もなしで30分もバス停に立ちつくすなんてことは。

同感です!!
ただぼんやりと時の流れに身をゆだねるというゆとりを持ちたいものです。
クレーマー&クレーマー
2013/07/27 11:35
クレーマー&クレーマー さん>>
コメントありがとうございます。
無聊を慰めるというか、手持ちぶさたになることのない時代ですね。何もしないでいると時間がもったいないとか、罪悪感すら感じる時代です。
まあゲーム機に夢中になる子どもも、そうした時代の犠牲者ともいえるかも。
おなら出ちゃっ太
2013/07/27 18:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
夏休みはバスを待ちながら 電子作文で行こう!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる