電子作文で行こう!

アクセスカウンタ

zoom RSS 恥ずかしきもの

<<   作成日時 : 2013/12/30 13:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

毎年、大晦日に恥ずかしいものを目にするのが耐えられない。
紅白歌合戦である。今時「合戦」って、なんたる言いぐさでしょうか。平和を祈念する時代の年の締めくくりに戦をしてもいいのでしょうか。

それよりも恥ずかしいのが、「司会者」とか「応援」とか「審査員」
一番恥ずかしいの「審査員」ですね。その年に活躍した人が、要するに人寄せパンダのお飾りとして座らされるのです。やたらと着飾って。

それで、「紅白どちらも頑張れ」とか「歌を聴いて来年も頑張ろうと思った」とか、どうでもいいような発言をするのです。本人はどういう気持ちか知らないけど、そう言わざるを得ない。あるいは台本が決まっているかも知れないけど。
まあ、言っていることは、動物園を見学した幼稚園児にマイクを向けたときに「かわいかった」と回らない舌で答えていることに等しい。

繰り返すようだけど、紅白歌合戦も歌だけなら、まあ聴けないこともない。名前しか知らなかった歌手が出てきて「ああ、こういう人か」と思う場面もなくはない。話は違うが、最近は「歌手」と言わずに「アーティスト」と僭称したがる人が多いですね、特に若い人で。

シカシナガラ。
歌はいいがしゃべりはいけない。特に前述したように「審査員」はいけない。恥ずかしくないのかと思うが、それくらいのことで恥ずかしがっているような繊細な神経を持っていたら、今の世の中で活躍することなどできないんだろうなあ。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
恥ずかしきもの 電子作文で行こう!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる