電子作文で行こう!

アクセスカウンタ

zoom RSS 雪下ろしのいらない家なんて嘘っぱちなのだ!

<<   作成日時 : 2014/01/13 07:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2013年暮れから2014年正月にかけて、北海道特に後志地方は大雪でした。
我が家の屋根は、中央に向かって緩い傾斜がついたスノーダクト方式です。
一般に無落雪屋根などと呼ばれ、雪下ろしをしなくてよいという触れ込みでした。
中央にある溝に熱を通して雪を溶かす仕組みです。中央部の雪が溶けてあいた空間に、屋根全体の雪が次々に滑り落ちてきてどんどん溶かしてくれる。冬の雪下ろしは必要ありません。

隣家は、フラットルーフという屋根です。降った雪は風で飛ばされるので屋根には積もらない。これまた、雪下ろしの必要がありません。

というのは、ハウスメーカーの宣伝文句に過ぎません。
まったくの嘘っぱちです。

理屈通りにはいきません。どんどん雪は降り積もります。
なるほど、中央部は溶けてますが、その周囲が空洞になるくらいで「次々に」溶けたりはしません。

そのことをハウスメーカーにうったえると、「雪下ろしは必要です」とのこと。
「雪下ろしがいらない屋根って言ったじゃないか?」と食い下がると、
「そうはいっても、やっぱり積もりますよ」と涼しい顔してますよ。

誇大広告というか嘘八百というか、信じた自分が馬鹿だったというか。

この年末年始は、9連休でしたが4回も屋根に上がりました。気分的には毎日屋根に上っているようです。
カラスじゃないんだから。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
雪下ろしのいらない家なんて嘘っぱちなのだ! 電子作文で行こう!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる