電子作文で行こう!

アクセスカウンタ

zoom RSS 基本的に神頼みはしません

<<   作成日時 : 2014/01/24 06:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

いつもコメントをくださる、田舎おじさん様のブログ・古神札焼納祭(どんと焼き)に書いたコメントからですが。

神社にお参りをしても、何も考えていません。無心に手を合わせるだけです。
神様には何もお願いしません。

どうも、神様にお願いするという風に心が動かない。
「不信心」というよりは、「自分で何とかしますので」という遠慮があるようです。
神様もいろいろな人のお願いを聞くわけですから、できるだけ切羽詰まった人に譲りたい気もするし。

学生時代に友人との雑談でも似たことがありました。
「自分が乗った飛行機が落ちるときでも、神様に祈るよりも何かできることを探したい」
相手は、ほうと感心したらしく、顔をぬぐわれたような様子でしたが。
まあ、ずいぶんと気負っていたものです。

本当は欲張りなのですから、こんな風にお祈りしそうなものですが。
「家内安全商売繁盛無病息災安心立命一進一退百戦百勝、どうか帰りにがま口を拾いますように! 隣で願掛けしている色っぽい女性といい仲になれますように! あれ、先に行っちゃった」

ごく簡単に、「すべてうまくいきますように」で間に合わせましょうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
 またまた来ましたね。
 実は私も出ちゃっ太さん同様、どうも神頼みというのは性に合わないように思っています。だいたいが現職時代に初詣など行ったことがなかった私ですから…。札幌へ来て、たくさん人出があるというので付和雷同的に初詣を続けているというところが本音かなあ…。なんて言ってしまうと神の祟りに遭ってしまうかな?

 話変わって、私は最近テレビのBSプレミアムで「新日本紀行」を好んで見ています。すると、国内的にはどこの地域でも神道に関する行事が地域に非常に根付いていることに気付かされます。本州の各地の人たちにとってはそうした神事が完全に生活の一部として受け継がれていることを感じさせてくれます。沖縄の離島を旅した時も、家庭の壁には地域の神事に関する予定がびっしりと書き込まれているのを目にしました。
 そういう意味では、信ずる、信じないというよりは、そうすることが当然といった感覚が歴史のある地域に育ち、そして生きているとなってくるのかなぁ、と思ったりしています。
田舎おじさん
2014/01/24 16:17
先のコメントの訂正です。
「新日本紀行」ではなくて「新日本風土記」でした。
田舎おじさん
2014/01/27 11:32
田舎おじさん 様>>
コメントありがとうございます。
沖縄の例のようなくっきりとしたものもそうですし、普段、縁起をかつぐという例も、ある種の土俗的信仰に根ざしたものかも知れませんね。

おなら出ちゃっ太
2014/01/27 16:48
(今頃ですけど)
「切羽つぱった人に譲りたい」って素晴らしいですね。私なんて、そんなこと考えてみたことすらなく、ひたすら、自分の願いごとを・・・。
次に行ったときは「murakamiさんの投稿が採用されますように」とぜひお願いしておいてください。
murakami
2014/01/29 21:50
murakami さん>>
コメントありがとうございます。
機会があったら、そのようにお願いしてみます。
もし入選とか採用があった場合、賞金の5割をお礼として
(゚ ゚ )☆\ばきおい
おなら出ちゃっ太
2014/01/30 13:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
基本的に神頼みはしません  電子作文で行こう!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる