電子作文で行こう!

アクセスカウンタ

zoom RSS あの日の新聞

<<   作成日時 : 2014/03/11 18:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

図書館などで、あの日の翌日ではなく当日の朝刊を見たりします。
当たり前のことですが至って平和な紙面で(もちろん事故や事件はおきているのですが)、数時間後の衝撃などどこにも見えません。

神ならぬ身ですから当然なのです。
そうなのですが、知ってしまった立場で振り返ると不思議な感じが、いつもします。

もし万が一、あの日の前日にタイムスリップしてしまったら。
声を枯らしても、喉が破けたとしてもうったえ続けることでしょう。

おそらくは、誰も信じないし耳をかしてもくれないでしょう。
伝わらないに違いありません。

きっと、もどかしさに悶死しそうになるでしょう。
それに近い感覚が、あの日の新聞を読んだときに、身の内から爪を立てているように感じます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
あの日の新聞 電子作文で行こう!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる