電子作文で行こう!

アクセスカウンタ

zoom RSS 雨の日の邂逅

<<   作成日時 : 2014/06/27 07:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

梅雨がないはずの北海道でも記録的な長雨が続きました。
その長雨がもたらしてくれた、ちょっとした出会いをご紹介致します。

その日は折りたたみ傘を使っていた。出勤時、雨が降っていれば長い傘、降っていなければ折りたたみ傘と決めているからだ。
仕事が終わってビルを出たとき、雨が降っていたので折りたたみ傘をさした。その足でコンビニエンスストアに立ち寄った。
コンビニエンスストアの入り口には客用の傘立てがおいてあった。傘立てというのは、長い傘に合わせて作られている。折りたたみ傘を置こうとすると、どうも安定が悪い。しかも店の外に置き去りにするのは、どうも用心が悪い。
そう思いながら、折りたたみ傘を傘立ての隅にもたせかけていると、四十代後半と思われる年頃のご婦人が、やはり折りたたみ傘を持って来店した。
「折りたたみ傘だと傘立てが不便ですよね」と彼女が話しかけてきた。
「そうですね」ハンサムで上品な中年紳士は短く答えた。
「それにお店の外に置いとくのって、なんだか心配じゃないですか?」
「確かに」ハンサムで上品な中年紳士は言葉少なに答えた。
「盗られちゃうことがあるんですよね、私もこの前、やったんですけど」
女性はコロコロと笑うように言った。笑いながら語るには少々不穏当ではなかろうか。
「え? やったって? 盗っちゃったんですか?」いくらハンサムで上品な中年紳士だからといって、見ず知らずの人に突如、罪の告白をされても困ってしまう。
「え? あ、違います違います、やったんじゃなくて、やられたんです。盗られたんです。逆だった、うふふふ」彼女はさも楽しそうに笑い、会釈して買い物に去っていった。

最近、このように女性に話しかけられることが増えたように思う。
しかもそれが、男性としてもてているというよりは、仲間と思われているような気がしてならない。

折りたたみ傘の女性にしても、どう思い返して吟味しても、おばさん同士の世間話風なのだった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
出ちゃっ太さん、こんにちは。

年配の女性は往々にして他人に話しかけるのが
好きなようです。
私もコンビニのレジ待ちをしていた時、後ろに
並んでいた年配の女性から話しかけられました。
「ここって店員ひとりしかいないのかしら?」と。
私はそっけなく「さぁ、私にはわかりません」と
答えました。
あさぎ
2014/06/27 08:57
あさぎ さん>>
コメントありがとうございます。
だから、話しかける相手に選ばれている時点で、「仲間」と思われているのですよ♪
( ̄∇ ̄)オホホホホ


おなら出ちゃっ太
2014/06/27 18:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
雨の日の邂逅 電子作文で行こう!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる