電子作文で行こう!

アクセスカウンタ

zoom RSS あまりうれしがらないように

<<   作成日時 : 2014/06/29 10:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先日、スポーツの勝敗にこだわったあげく「政治家が下卑た顔を出す」なんて悪口を書いてしまった。
まあ政治家については多少の悪口を書いてもかまわない、という風潮があるかどうか知らないけど、けなしてもあまり苦情が出ない。

頃日、政治家の振る舞いで一番イヤだな、と思ったのは2020年のオリンピックが東京に決まったときです。
A総理や、M元総理が躍り上がって喜ぶ姿が、国辱的に見苦しくあさましく愚かしく見えました。

一国の元首、もしくは元首経験者たるもの、どっしりと構えていて欲しい。渋谷に集まったにわかサッカーファンの若造どもではあるまいし、はしゃいだ態度をとるべきではない。

開催地にTOKYOが決定しても、周囲に遅れてゆっくりと立ち上がり、片方の頬だけ緩めるくらいで充分であるし、その方が似合う。
躍り上がった彼らの顔には「バカ丸出し中でーす」と書いてあるようであった。

日本人は感情をあらわにしないからヨクナイのだ、と訳知り顔にいう輩もいるが、日本人的美意識はそれでいい。欧米人の真似をしても悲しいほど似合わないのだから。

お相撲さんを見習うとヨイ。勝ってもたいしてうれしくもなさそうに名乗りを受けて仏頂面で引き揚げていくくらいでいい。土俵でガッツポーズをした横綱のことを「品格がない」と批判した世論もあったではないか。
うれしくても、それを押し殺すのが美しい所作である。

本当に、お相撲さんを見習って欲しいものだが、考えてみれば政治家とはバンザイ三唱で誕生するモノだ。
見苦しいのも致し方ないのかも知れない。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
あまりうれしがらないように 電子作文で行こう!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる