電子作文で行こう!

アクセスカウンタ

zoom RSS 二階は静かなはずですよ

<<   作成日時 : 2014/08/04 07:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

社員向けのアパートを手配している際に、いわゆる「いわくつきの物件」を紹介されたことがあります。

単身赴任してくる社員を用意しなくてはいけないのですが、どうしても都合のいい部屋がない。あまり職場から遠いのは本人に気の毒だが、近くても家賃が高いのは会社が許可してくれない。

いっそ無理に単身赴任させるのをよしたらどうだ、と言いたいところですが、ぐっとこらえて不動産屋さんに無理を言ったところ、「少々、いわくつきではあるけども」という物件を紹介されたのでした。

事情を聞くと、すぐ上の階で自殺者が出て、それを知った階下の住人が退去して空室になっているという。
「自殺者が出たなら、その部屋も空いてるのじゃないか?それともまだ死体が入居中なのか?」と尋ねたら、
「まさか。もっとも家賃を払ってくれるならご遺体でも仏様でも入居OKです」
「じゃあ、永代供養で頼めますか?」

閑話休題

その部屋は念入りにクリーニングしたが、さすがにまだ紹介はできないとの返答。もう少したったら、事情を知らない人に紹介するつもりらしい。仮に事情を知っていても、自分が入るのでなければいっこうにかまわないのですが。

さて、階下の空室。いわくつき物件は自殺者の出た上の階であり、その下はいわくつき物件には該当しないらしく、家賃も負けてはくれませんでした。まあ手頃な値段であり、部屋は必要だったので、上の階のことは黙ったまま入居して貰いました。
まあ自殺者の出た部屋そのものではないし、黙っていれば分からないし。

しばらく経ってから、入居した社員に部屋の住み心地を尋ねると、とても快適ですという答えでした。
「二階がずっと空室なんですよ、上から物音がしないから夜もよく眠れて助かります」とうれしそうにしていましたので、手配した側としても大変よかったです。

もしも万が一、二階の人がうるさいと言われたら、
「それは気のせいだ、その住人はもう死んでいるし、遺体も運び出してあるはずだ」と説明しなくてはならないところでした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ホント、2階から物音がしなくて良かったですね。
あさぎ
2014/08/04 08:41
 いや〜、私にとっては久しぶりに突っ込める話題ですね。
 この話題は、実話? それとも創作? う〜ん、どちらとも取れるところが上手いところだなあ〜。
田舎おじさん
2014/08/04 18:00
あさぎ さん>>
コメントありがとうございます。
寝付きのいい人ですからね。
オバケも驚かせ甲斐がなかろうと…。(^_^;

おなら出ちゃっ太
2014/08/04 19:48
田舎おじさん様>>
コメントありがとうございます。
実はですね〜、うふふふ。( ̄∇ ̄)

おなら出ちゃっ太
2014/08/04 19:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
二階は静かなはずですよ 電子作文で行こう!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる