電子作文で行こう!

アクセスカウンタ

zoom RSS 運動は苦手でしたが

<<   作成日時 : 2014/11/11 07:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

さて、体育の中でも比較的得意な種目もありました。
割とこなせたのが、鉄棒や跳び箱、マット運動などです。

大車輪とか月面宙返りとかトリプルアクセスとかウィンドウズ95とかの大技ができるワケではありませんが、逆上がりは何の苦もなくできた子どもでした。小学生の頃、体育の時間に鉄棒をした時、けっこう運動神経のいい児童でもできない逆上がりを、当たり前のようにすっとやった時は周囲が驚く驚く。
例の、「がっつり走れ」の主張をするような男子たちが、
「運動神経ゼロのこいつの無様な姿を笑ってやろう」という目で期待していたのをさらりと裏切る逆上がりでした。
雲梯も得意で、「がっつり走れ」の山猿連中が力尽きてポロポロ落ちていくのを尻目にすいすい進んでいくのは気持ちよかったなあ。

あれ? もしかしたら自分の方が猿に近いのかしらん?

いやいや幼少のみぎり、自宅の前に幼稚園があり園庭には鉄棒がありました。
40数年後にハンサムで上品な中年紳士になる運命にあった気品溢れる幼児は、毎日のように鉄棒にぶら下がって遊んでいました。そこで自然と、鉄棒のセンスやバランス感覚や上品さ、ハンサムさが身についたのでしょう。幼稚園のお庭で身についた上品なスポーツ感覚だったのです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ウインドウズ95という奥儀がどのような
大技であるのか、今度教えてくらさい♪
あさぎ
2014/11/11 09:36
あさぎ さん>>
コメントありがとうございます。
相手の腕をとってロープに投げて、その反動で帰ってくるところに足を突き出すのです。その足のサイズによってワザの名前が決まります。サイズがWindows95だと、windowpane95文キック。マックだとレパードキックとか。
おなら出ちゃっ太
2014/11/11 22:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
運動は苦手でしたが 電子作文で行こう!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる