電子作文で行こう!

アクセスカウンタ

zoom RSS 大晦日に聞きたい噺といえば

<<   作成日時 : 2014/12/31 18:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

大晦日に聞きたい噺といえば「掛け取り漫才」年末の落語のスタンダード。
借金の言い訳に、狂歌を読んでみたり、芝居や義太夫、三河漫才の真似をして相手の気持ちをほぐすのですな。ケンカ好きの魚屋にはけんか腰で挑んだりして、実に多才な主人公が面白い。
そんな芸を磨く間に金の算段をしたらどうかと思うのですが。

ツケを精算しないのはあまり褒められたことではないかも知れません。
でも昔はそういうことが可能だったのですね。
そのあたりのことは、堀井憲一郎の「江戸の気分」に詳しいので、興味のある方はご一読を。

昔とちがって今は世知辛くって、ツケというものはクレジットカードとか銀行口座引き落としというシステムになって情け容赦なく言い訳する間もなくむしり取られていくだけです。

無駄もロスもないのですが、その分、支払いができなかった場合は債務不履行としてシステムからはじき出され、社会での居場所もなくなってしまう。

「銀行は何が好きなんだ?」
「お金だよ」
「お金がないから、何か他のことで言い訳しようってんじゃないか。何か銀行が好きな物はないのかよ?」
「お金だってば」
「うわあ、銀行はおっかねえ…」

たぶん、銀行はダジャレも好きじゃないと思います。











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大晦日に聞きたい噺といえば 電子作文で行こう!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる