電子作文で行こう!

アクセスカウンタ

zoom RSS 大家さん

<<   作成日時 : 2015/01/31 11:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

別にシリーズ化したつもりはありませんが、落語の登場人物について書いてます。
今回は、大家さん。

この場合の大家さんは、裏長屋の家主、家守のことです。豆腐屋とか提灯屋さんなどの商人が住まう表長屋の大家さんは、無理に義太夫を聴かせる旦那です。そう決まっているワケではないのですが、イメージで。

さて、大家さんといえば親も同然、店子と言えば子も同然。
その言葉にウソ偽りはないようで、どの話でたいてい、大家さんは店子に対して親切です。「長屋の花見」では貧乏な店子を花見に連れて行き、「妾馬」ではお殿様に会いに行くための身なりを整えてやり、「御慶」では富くじに当たった八五郎に無駄遣いを戒めた上で正装にふさわしい挨拶を教えてやる。まあ、至れり尽くせりであります。
まあ花見のお弁当の中身が貧しいのはご愛敬ですが。

因業で意地の悪い大家が出てくる噺というと、「大工調べ」くらいしか思い当たりません。

「てやんでえ、この丸太ん棒め!」
「丸太ん棒とは何だ」
「血も涙もない、目も鼻もねえ奴だから丸太ん棒ってんだ」
「それなら漬け物石でも草履でもいいじゃないか?」

そんな台詞はありません。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大家さん 電子作文で行こう!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる