電子作文で行こう!

アクセスカウンタ

zoom RSS ロクでもない友人たち(7)

<<   作成日時 : 2015/06/23 08:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

さて、人格が破綻したロクでなしの芸術家であるK谷ですが、音楽分野に関しては学ぶことが多々ありました。
チャーチオルガンの勉強のためには、北海道ではダメで月に数度は東京でレッスンを受けていることや、
オルガンを弾くときは立って足でペダルを操作することや、寝小便をするときはたいていの人は眠っていることなどを教わりました。

またK谷はジャズにも造詣が深く、高校ではジャズ研のリーダーでした。
ちょうどそのころ、ジャズに興味を持ち始めたハンサムで上品な青年は、日ごろから思っていた疑問をK谷にぶつけてみました。

「貴君はなぜ、フランキー堺にそっくりなのかね?」
ではなくて、
「ジャズやロックで行われるインプロビゼーションやアドリブだが、あれはデタラメやっているワケじゃないんだろう? では、デタラメとはどう違うのか?」

K谷は、不思議そうな顔をしていましたが、やがて口を開きました。
「じゃあ、バッハやベートーベンの曲、あれはどうしてデタラメじゃないといえるんだ?」
「え? だって楽譜に書いてあるからだろう?」
「作曲されたものがどうしてデタラメじゃないといえるのか、と聞いているんだよ、楽譜に書けばデタラメじゃない、ということなのか?」

楽譜になっているからキチンとした音楽だという自分の思い込みを、大型ハンマーで打ち砕かれたような瞬間でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ロクでもない友人たち(7) 電子作文で行こう!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる