電子作文で行こう!

アクセスカウンタ

zoom RSS 紅白歌合戦という拷問

<<   作成日時 : 2016/01/06 08:04   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

いささか旧聞ですが、毎年大晦日恒例なのが落語の「掛け取り」ではなくてNHK紅白歌合戦ですね。

全然関心ないのですが、家人が観ているのでテレビは4時間半ほどつけっぱなしです。
正直なトコロ、あれは疲れます。

何が疲れるといって、何の脈絡もない歌を次々に聴かされるのはツライ。
しかも合間に異様なまでのテンションで盛り上げようと躍起になる演出が気に障る。
半分拷問みたいなものです。

おまけにA○Bnnとか○ャニーズの人たちは、どういうワケかカラオケに行ってマイクを放さない迷惑なヒトみたいに続けて何曲も歌うのか。
あれを一曲にとどめておけば、4時間半が2時間で納まるんじゃないだろうか。

そもそも今時、男女で紅白に分かれて合戦とか勝ち負けとか時代錯誤じゃないだろうか。何を基準に勝ち負けを決めているのか。
「特別審査員」として招かれていたフィギュアスケートのH選手には、そのへんをしっかりと問いただしていただきたかった。

極めつけは、勝ち負けを判定する前にあった。
「すべての歌を振り返る」として出演歌手すべての映像を数秒ほど次々に垂れ流す。
歌の内容など分かるはずもなく、ノイズに等しい状態での垂れ流しは、観ている側にも失礼だし、歌った歌手に対しても無礼極まりない。

最初から最後まで、ロクでない番組であった。

「文句があるなら観るな」というヒトがいるだろから改めて言っておくけど、家人が観ているのですよ。
言い換えれば妻が観ているのです。
それに対して苦情を言えると神と自分の妻の前で誓って言える男がいるだろうか?
もしもいるなら、今年の大晦日に紅白歌合戦を観ないように妻に言いに来て欲しいものです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
紅白歌合戦は、ある意味日本の伝統芸能の
継承だと思っていましたが...時代の流れと
共にどうやら変化して来ているようですね。

一方で貴兄の細君のように大晦日の恒例行事
のように思っている方々もまだたくさんいる
のではないでしょうか。

貴兄が細君に苦情申し立てが言えないという
ことですが、一家の主という概念、日本の伝統
習俗もすでに崩壊してしまったということなの
でしょうかね。
トヴェリ
2016/01/06 08:27
トヴェリ さん>>
コメントありがとうございます。
いや、別に「紅白歌合戦」は伝統芸能じゃないでしょう。
あ、「ある意味」という意味でね…。
それにしても「一家の主」って…。貴兄の頭も相当旧式と見ましたぞ!
おなら出ちゃっ太
2016/01/06 21:56
出ちゃっ太さん、どうもです。
我が家もカミさんが観てたから
自然と私もチラチラ観る羽目になりました。
当初は憤慨していた私ですが今現在、
冷静になって振り返ると
旬な歌手が唄い、旬な有名人が審査し、
様々なゲストが飛び入りしながら
生放送で何時間もやるのだから
たいした番組だと思います。
紅白という名前は同じだけど
中身は全然違う番組だと思えば
腹も立たなくなりました(笑)

2016/01/07 00:26
海 さん>>
コメントありがとうござます。
なるほど、色々な見方があるものですね。
まあ批判的に観ることで、投稿のネタができたのでヨシですが。

おなら出ちゃっ太
2016/01/07 18:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
紅白歌合戦という拷問 電子作文で行こう!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる