電子作文で行こう!

アクセスカウンタ

zoom RSS 街中でするゲームを妄想したころ

<<   作成日時 : 2016/07/30 19:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

頃日話題のポケモンGOはやる気も興味もまったくないのですが。
20年くらい前、街中でやってみたいな、と思ったゲームがありました。
タイトルは忘れましたがアーケードゲームで、コルトパイソン型の銃を使ってテレビ画面の中の敵を撃つゲームでした。

ギャングやテロリスト風の敵に混じって、一般市民が逃げてきたり、アイテムをとってマグナム弾を使うと命中箇所に穴が開いたりするなかなかリアルで本格的なシューティグごっこができるゲームでした。
ずいぶん百円玉をつぎ込んだものです。おそらく1万や1億の金額にはなったでしょう、ジンバブエドルに両替したら。

このゲームを街中でできたら面白いな、と考えたことがあります。
ゴーグルを通して実際の街を見ていると、ゴーグルのディスプレイ上に敵が現れる。
銃で撃って敵を倒す。
自分が暮らしている街、通りかかった街でリアルな銃撃戦ゲームが楽しめる。
そんなことも今の技術では十分可能でしょうね。

ただし、街中で銃を振り回していたら、それが明らかにプラスチックでできたゲーム用だとしても異様な光景でしょう。
まして近頃のようにテロの危険がある時代、ゲーム中に射殺されても文句は言えません。

文句を言えないどころか、喜んだりして。
射殺されても、「痛いぞ、血も出てきた、なんてリアルなゲームなんだ」なんてね。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
街中でするゲームを妄想したころ 電子作文で行こう!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる