電子作文で行こう!

アクセスカウンタ

zoom RSS 早いところAIに置き換わってしまえと思うこともある

<<   作成日時 : 2016/08/17 18:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

あるニュースサイトで、ある事件に関する弁護士のコメント。
事件は駐車場のトラブルを巡って、(謝罪の証として)女性を全裸にした、というものなのですが。

弁護士先生様によると昭和45年の判例に基づき、
「性欲を刺激したり満足させる目的で行った行為でないなら(性的意図がなかったなら)」、
たとえ女性に全裸になることを強いたとしても強制猥褻罪にはあたらないだろう、ということです。

まあ引っ張り出してきた判例も古いし、被害者の心情にも考慮がないハナシです。
普通、他人の前で全裸になることは恥ずかしいことですし、無理強いされたならなおさらです。
全裸を強いた側に性的意図がなかったとしても(なかったとは思えないのですが)、全裸にされた方は性的羞恥心を感じて当たり前でしょう。
そもそも謝罪させる意図で全裸にするというのは、羞恥心を感じることを前提にしているワケですよ。恥ずかしい思いをすることで詫びを入れろ、ということです。まったく恥ずかしくないことであれば、詫びにならない。そこに性的意図を見いだすのは難しいことではない、こともないのか?
難しいのかなあ?


弁護士先生様は被疑者の弁護を想定した答えを出したのかも知れませんが、まるで誠実さを感じません。
「俺はこんな古い判例を知ってるぞ、すごいだろう」と知識誇りをしているようにすら見えます。

判例を知っていて、都合よく利用できることが弁護士先生様の価値なのかも知れませんが。
それならいっそ、便後紙、まちがえた、弁護士先生様にはさっさと職替えしてもらって、法律相談は判例データベースを持ったAI(人口知能)に切り替えてしまえ!
そうすれば弁護士費用も安く済むし、法律的にどうなの?という相談も気軽にできるようになるんじゃないかしら?

まあ極論ですよ。
実際の裁判の場で、相手と渡り合うには弁護士先生様の狡猾さ、もとい、法律知識やスキルがものをいうでしょうから。

この手のネタには熱くなってまじめに反論してきそうな人に心当たりがあって、ちょっと心配♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
弁護士が法廷で勝つために、いかに
狡猾な手段を用いるかについては、
堺雅人主演のテレビドラマ「リーガル
ハイ」を見ればわかります。
トヴェリ
2016/08/18 11:42
トヴェリ さん>>
コメントありがとうございます。
わざわざ、そんな不愉快そうなドラマは見たくないなあ…
(^_^;

おなら出ちゃっ太
2016/08/18 12:32
面白いですよ。
かなりはまりました^^
トヴェリ
2016/08/18 13:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
早いところAIに置き換わってしまえと思うこともある 電子作文で行こう!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる