電子作文で行こう!

アクセスカウンタ

zoom RSS ビートルズという激震・その2

<<   作成日時 : 2017/02/17 08:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

ビートルズの音楽を身近に聴くようになったのは、高校2年の夏休みです。
予備校の夏期講習に通うため、伯父の家に逗留していました。当時の実家は田舎にあったので、札幌の予備校には通えなかったのですね。

伯父の家で勉学に励んでいたある晩、そこにあったラジカセから不思議な音楽が流れてきました。
英語の勉強のためには洋楽を聴けばヨイ、というハナシを信じてFM放送を聴いていたのです。
ロック音楽の番組でしたが、ハープの伴奏にのって美しい旋律と夢のようなハーモニーが溢れ出したのです。

断片的に聞き取れる歌詞は、
「彼女は家を離れようとしている」「私たちは大切に育てたのに」「どうしてこんなまねができるの?」
美しさと切なさが混じった歌詞とメロディに、すっかりやられてしまいました。
たまたま、録音していたので、そのカセットテープを何度も何度も繰り返し聴いたものです。

そのときは、曲名が分かりませんでした。
が、後日、木村治美さんのエッセイを読んで、ビートルズの「She is Leaving Home」という曲であることが判明しました。

これはだいぶ後になって分かったのですが、そのとき流れていた曲は、アルバム「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」と「イエロー・サブマリン」の収録曲が紹介されていたようです。
ビートルズの音楽って、すごいな、と素直に心から思ったものです。
クラシック音楽のような美しい旋律とハーモニーもあれば、「All Together Now」みたいにノリのいい曲でも楽しめるのですから。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
出ちゃっ太さん、どうもです。
いい曲ですよね!
私はエンディングの「シ〜ズ・リ〜
ビング・ホ〜ム〜、バ〜イバ〜イ」
という部分がとくに好きです(笑)
何度も何度も繰り返し聴くテープ
というのも素晴らしい。
私も小学校高学年の時にたまたまラジカセで
録音したビートルズ特集のテープは
それこそ擦り切れるほど聴きました。
英語学習用の格安テープで、
雑音が入りまくってましたが
今でもあれに勝る音源はないですね。

2017/02/17 10:29
海 さん>>
コメントありがとうございます。
そうなんですよ、音源とか関係なく素晴らしいのがビートルズなんです!
古い安物のカセットテープの音が一番だなんて、今の時代にどうして考えられましょうか?

その辺のことは、19日投稿予定です。
(もう原稿書いてある、というか長すぎたので分割したんです〜)


おなら出ちゃっ太
2017/02/17 20:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
ビートルズという激震・その2 電子作文で行こう!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる