電子作文で行こう!

アクセスカウンタ

zoom RSS ドローンが欲しい(、かもしれない)・その2

<<   作成日時 : 2017/02/05 22:14   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

大人のクセに、わずか数千円のドローンが買えない理由、それはまず家族の目です。
わずか数千円とは言い条、無駄遣いを戒める家族の目から見たら「大枚数千円」でしょう。
まあこの問題は、こっそり買う、内緒で買う、買っても隠しておく、という前向きで正々堂々とした対処法があります。

問題は二つ目の理由です。
それは隠しても隠しきれず、誤魔化そうにも誤魔化せない理由です。なぜなら、それは自らの自制心だからです。自分への問いかけが常にある、と言えばいいでしょうか。
「ドローンを(家族には内緒で)買ってもいいけど、それを何に使うの?」
そういう問いかけが心の中にこだまするのです。

確かにドローンを買って、それを何に使うのか、買ってどうするのか、という問題が残ります。
ドローンはパソコンや手帳やジンギスカンと違って、何か実用になるものではありません。
飛ばして遊んで、その後がない。飛行技術を磨くという方向もなくはないですが、ハンサムで上品な中年紳士の好奇心はそういう方向には向かいません。

何しろ、幼少のみぎりより遠隔操作するおもちゃについては想像の翼を拡げるにいいだけ拡げています。拡げっぱなしといってもいい。少しは翼を畳めといわれかねないほどです
頭の中で飛ばしたり宙返りさせたりジグザグに急降下して水に飛び込んで魚を獲って再び大空を越えて宇宙空間に飛び出すところまで、アリアリと想像できるのです。

実際にはそう上手く操縦はできないと思いますが、かと言って技術の切磋琢磨に関心が向かないのは前述の通りです。

飛ばすだけでは飽きる、という人は多いらしく、ドローンにはユーザーを飽きさせない工夫というか、アイテムが備わっています。

それがカメラです。デジタルカメラの小型軽量化の恩恵を活かし、ドローンで空からの写真を撮りましょう、という楽しみが提供されています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
問題は「何処で」飛ばすかということです。
世間では、国会議事堂周辺で落下したとか
を機にいろいろと規制がかかっているみたい
です。
もちろん、公園などで飛ばすのは禁止されて
います。
それをどのように考えていますか?
トベリン
2017/02/06 08:42
あーその3ね。
トベリン
2017/02/06 12:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
ドローンが欲しい(、かもしれない)・その2 電子作文で行こう!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる