電子作文で行こう!

アクセスカウンタ

zoom RSS 下に見る人(酒井順子)

<<   作成日時 : 2017/03/02 12:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

いじめには被害者もいるが、加害者もいる。
世間では被害者の声が取り上げられることは多いが、加害者のそれはほとんどない。
何故か?
答えは簡単なことで、いじめの加害者は、いじめをしたことを口にしたがらないからです。
「口にしたがらない」なら、まだマシな方かもしれません。中にはいじめをしたことをきれいさっぱり忘れてしまっている人、いじめをしたという意識すらない人も少なくないはず。

エッセイストの酒井順子が、「自分もいじめをした、いじめをしたかもしれない、あれはいじめだったのかも」と過去を振り返って告白する、なかなか衝撃的なエッセイです。

巷間、いじめ問題について取り上げられることは少なくありません。しかし、どうも議論が上っ面だけを滑っているように思えます。いじめはよくない、いじめられた人の気持ちを考えよう。
アタリマエのことを表明して、自分たちはいじめを許しません、というポーズを作っているだけ、に見えてしまうんです。

人はなぜ人をいじめるのか。その深層心理は、相手を下に見て、自分の優位を確認したいという欲求から生まれる。その「相手を下に見る」ケースを様々な事例を引いて解き明かしていきます。

「人をいじめて喜ぶ、人を見下して自分の優位性を確認したがるのが人間であり、自分の中にもそれがある」ことを素直に認めて、肝に銘じることが大切なのです。

もっとも中間部では、職場や世間のありがちな風景を描く、いつものサカイのエッセイという風でもありますが。まあ、一冊丸ごと重いハナシでも疲れますので、SNSで「大変な自分」の自慢をする人のエピソードで息抜きをしてくださいな。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
人を見下して自分の優位性を確認したがる
ことは人間の本性であり、世の中から無く
ならないことでもあります。あらゆる意味で
強いものが優位に立つ。これは世界中みても
言えることではないでしょうか。
だけど、スクナクトモ、子ども達の世界には
そういうことを持ち込まないようにしなければ
ならないと思いますが、得策はありません。
何か人間平等宗教でも崇拝させなければ、上下
関係はなくならないでしょうね。
トベリン
2017/03/13 18:30
トベリン さん>>
コメントありがとうございます。
優位性を確認すること自体は悪徳じゃないですから。
平等教が猖獗するような世の中よりは、いじめがある世の中の方がマシかなー。
おなら出ちゃっ太
2017/03/13 20:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
下に見る人(酒井順子) 電子作文で行こう!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる