電子作文で行こう!

アクセスカウンタ

zoom RSS 地震と独身(酒井順子)

<<   作成日時 : 2017/04/09 14:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

東日本大震災以降、作風がやや変わった酒井順子ですが。
この「地震と独身」は、特にこれまでにない執筆形態です。震災の際、独身者たちがどうしたか、の実録ルポという、従来の酒井順子にはなかったスタイルなのです。

取材対象が独身者なのは、酒井順子自信が独身者であり、両親も他界して係累が少ない身の上だから、でしょう。

震災当時、愛する家族を失った人々がクローズアップされました。特にお子さんを亡くされた方の姿は、多くの人の涙を誘ったはずです。
では、子どもや配偶者を持たない独身者はどうだったのか? というのが酒井順子が抱いた疑問です。

「愛する家族」がいなかった独身者や、被災しても誰からも気にかけられなかった独身者もいたのではないか。彼らにはどうしてもマスコミの目が向きません。当然、マスコミを通す以外に、なかなか被災者の状況を知りえない一般人の意識も向きにくい。

「そこを知りたい、記録したい、伝えたい」という気持ちが酒井順子の心に芽生えたのでしょう。
自身の震災体験からスタートして、そのとき独身者はどうしたのか、を克明に追いかけて記録した渾身の一冊です。
被災地の独身者といっても、色々な人がいます。
家族が心配で職場にとどまれなかった人に代わって働きに働いた独身者、原発事故の後で遠くに避難した独身者、親の仕事を継いだ独身者。本当に色々です。

そして本書の印税は、すべて被災地に寄付されたそうです。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
地震と独身(酒井順子) 電子作文で行こう!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる