電子作文で行こう!

アクセスカウンタ

zoom RSS ガン入院オロオロ日記(東海林さだお)

<<   作成日時 : 2017/04/15 18:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

東海林さだおさんといえば、週刊文春に連載されている「タンマ君」を立ち読みするのが楽しみなのですが。昨年だったか一昨年だったか、休載が続いたことがありました。
本書によれば「肝細胞ガンの手術のために40日の入院」があったそうですから、その時期のことなのでしょう。

表紙からして、ガンで入院手術した経緯を記したとは思えない脱力ぶりです。文章も相変わらずの冷静さとのんきさに溢れていて、これからガンにかかったりガンの手術をする人をして「何だ、簡単じゃないか」と思わせてくれます。

入院中、東海林氏が注目したのが入院患者のパジャマ姿がみすぼらしいことと、どこに行くにもついてくるイルリガートルです。
まあイルリガートルと言ってもたいがいの方はご存じないでしょうが、入院患者に繋がる心電図や点滴、尿を集めるバッグ、プリンタやスキャナ、酸素ボンベ、スイッチングハブを載せておく台のことです。
入院患者がトイレや売店に行くとき、必ずつれて歩く秘書のような存在だそうです。

そうしたものを見聞きして、ガンで入院しているというのに「なんだか面白くなってきたぞ」という東海林さだお魂全開の一冊。もちろん、東海林さだおは全快した上での執筆でしょうね。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ガン入院オロオロ日記(東海林さだお) 電子作文で行こう!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる