電子作文で行こう!

アクセスカウンタ

zoom RSS いじめたりいじめられたり第二十一話・教師によるいじめ2

<<   作成日時 : 2017/04/18 12:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

前回ご紹介した先生は、いじめというよりも「行き過ぎた体罰の暴力教師」でしたね。
二年生を終えた後、三年生と四年生の担任だった先生は暴力は使いません。
ですが、イヤミで贔屓で意地悪でいじめ体質の人でした。

実際に、
「先生は言葉で泣かすのが得意だぞ」というのが口癖でした。
授業中、指名されても答えられない児童に対して、
「あー、困ったなあ、答えられないんだー」
「さあ、だんだん辛くなってきたなあ」
「どうやら曇ってきたぞ、もうすぐ雨が降りそうだなあ」
等々、児童の顔をのぞき込みながら言うのです。
説明するまでもありませんが、曇ってきたのは児童の表情であり、雨が降りそうというのは涙が出てくることです。

そういうことを執拗に執拗に繰り返す粘着質の先生でした。
あくまでも「暴力=体罰は、やっていない」と言い張るんですから、イヤな人です。

もっともハンサムで上品な中年紳士に成長する前の美少年は、どちらかというと贔屓されていた方なので、当時は悪い先生とは思っていなかったのがオソロシイところです。

まあ調子に乗った発言をして、何度か泣かされましたけどね。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
いじめたりいじめられたり第二十一話・教師によるいじめ2 電子作文で行こう!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる