クオディバイスの手帳

セントラル大丸藤井の手帳売り場を見てきました。毎週のように行くのですが、同じ手帳でもその日の気分や仕入れた情報によって違って見えます。
いつものネット仲間ZEAKさんのブログにて、お洒落な手帳、クオディバイスが紹介されていましので実物を見たくなりました。

大丸藤井の手帳売り場は2つに分かれています。
1階がファンシー、カワイイタイプ、カジュアルな製品。
2階がビジネス用途の製品です。

クオディバイスは1階においてありました。見るからにお洒落なつくりで他の手帳とは一線を画しております。
ZEAKさんが紹介されていたのは、クオディバイスのビジネスとビジネスプレステージの比較でした。ビジネス用は2階なのでエスカレータで2階の売り場に移動しました。

ところがクオディバイスのコーナーが見つかりません。
そこで店員さんに尋ねてみようとしたその時です。
ちょっと引っ掛かることに気づきました。

実はオイラ、カタカナを読むのがすっごく苦手なんですね。

ここまで読まれた方、気づかれたでしょうか。
クオディバイス、と書いてましたけど正しくはクオバディスですって。(^^;

これまでずーっとクオディバイスだと思ってました。
雑誌の記事も他の方のブログもカタログもBUN2も全部です。
クオバディスと書いてある部分はクオディバイスと読んでました。

さすがに音読する機会はそうないことと、QUO VADISと外国語の単語をキチンと見てなかったことが原因ですが、他にも大きな要因があります。
それは昔から、コンピュータ回りにはディバイスドライバという言葉があり、その「ディバイス」が頭にあったせいで、よく似たカタカナの並びを持つクオバディスがクオディバスに見えたんですよ!
他にもいらっしゃいませんか?読み間違えていた方は?

いない?そんな間違いするのはオイラだけですか・・・?

ちなみにクオディバイスの売り場は一階だけのようで、無事にビジネスとビジネスプレステージの現物を見ることができました。


って、また間違えてやんの。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ZEAK
2008年10月21日 17:25
思い込んだら試練の道をです(゚゚ )☆\ぽか
私も、マルマンのニーモシネ、をにーしもねと
しょーもねー間違いを(^^;
もも
2008年10月21日 20:54
私もカタカナ苦手です。
勝手に入れ替えて呼んでたりします(^_^;)
おなら出ちゃっ太
2008年10月22日 10:39
ZEAKさん、ご賛同ありがとうございます、って違うか。(^^;
ニーシモネですが、オイラはニモーシネだと思ってました。
(゚ ゚ )☆\ばきおい
おなら出ちゃっ太
2008年10月22日 10:54
もも さん、いらっしゃいませ。
やっぱりカタカナって読みにくいんでしょうか?
オイラの一番ひどい読み違えは、「アンネ・クライネ・ムジナトーク」です。
元は何かというと、モーツアルトの室内楽曲の名曲なんですが。
大学時代に大恥かいたものです。
今でも自身がもてないので、正しい曲名が書けません。
( ̄∇ ̄)オホホホホ

この記事へのトラックバック