電子作文で行こう!

アクセスカウンタ

zoom RSS ポメラはネットワークに繋がりたがるか?

<<   作成日時 : 2010/03/09 14:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

先日投稿したブログ、続・職業ライター、なのにポメラを買わない理由にて、ライター佐々木正悟氏の考える「ポメラの使いやすさ」の理想について、続きです。

佐々木氏の理想は、書いた文章が自動的にパソコンなりクラウドサーバなりに取り込まれて欲しい、というものでした。
確かにそうなれば、便利かも、とは思います。
その実現のためには、なんらかの形でポメラがネットワークに対応する必要があります。
技術的にはそう難しいことではない、かもしれません。

ここで問題にすべきは、開発側の技術的問題ではありません。
ポメラがネットワークに対応するためには、ユーザーが難しい操作をする必要が出てくるのです。
ポメラをネットワークにつなげるために、ユーザーが複雑な設定をする必要がある、ということです。

複雑といっても、理解不能で万人にひとりくらいしか達成できないくらい難しい、ということには、まずならないでしょう。少なくとも、ポメラを一から開発するほど難しい作業は要求されないと思います。
しかし、まったく知らない外国語を操って入国手続きの際に起きた不備を説明する程度の難しい仕事にはなる可能性は捨てきれません。

ポメラをネットワークに繋ぐためには、電子作文をするだけの道具としてポメラを使っていた人には、大変面倒で複雑でうんざりする仕事を抱え込むことが予想されます。

エクセルやワードを使いこなしパソコン操作全般に慣れた人でも、ネットワーク設定では苦労するものです。
ネットワーク設定など、一度やればそう頻繁にやり直したりするものではありませんから。
大抵の家庭や職場では、最初にパソコンをセットした時にやったきり、ではないでしょうか?
ネットワーク設定を簡単にこなす人でも、パソコンを買うときは苦心します。
買うときに平気でも支払いの時には、苦い思いを味わいます。
買うときも支払も苦にしない人間でも、パソコンを買うことを妻に承知してもらうのは至難の業であるはずです。
その全部で苦労していう人間がいうのだから間違いありません。

ポメラが佐々木氏の希望通りのネットワーク機能を備えることは、ネットワーク設定を苦にしない(またはそういう苦労が好きな)人間を新たなユーザーとして獲得する可能性があるとともに。
おそらくは従来からの多数派である電子作文をするだけの道具としてポメラユーザーを失う危険を内包していると思われます。

まあ、オイラはそのどちらでもなく。
Jornada710を使って、データの共有はUSB接続のカードリーダ経由で充分だと思っております。
大多数のポメラユーザーも、現状通り、USB接続で充分だと思っているのではないかしらん?


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
KINGJIM デジタルメモ「ポメラ」 DM20 クロ リザードブラック |
JUGEMテーマ:今、気になる商品をメモ! ...続きを見る
アマゾン探検隊
2010/03/26 19:00

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ポメラはネットワークに繋がりたがるか? 電子作文で行こう!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる