電子作文で行こう!

アクセスカウンタ

zoom RSS 金環食(北海道では部分日食だけど)

<<   作成日時 : 2012/05/21 12:18   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

本日、2012年5月21日(月曜日) は全国的に話題になっていた金環食Day。
北海道は金環食ではなく、部分日食でした。

寺田寅彦の真似をして「好きなものは宇宙見物」といっている癖に、日蝕観測用品は買ってませんでした。
だってちょうど通勤時間帯だから観られないや、と諦めていたの。

トコロガ。
ちょうど通勤のバスの窓から見えました。
高速道路を走行中、ふと見上げると太陽が、たくあんを一口かじったように欠けていました。

本当は、フィルター等を使わずに直に観てはいけないのですが。
まあ、太陽を見上げたことがない人はいないので、少しくらい大丈夫だろうということで、時々、1〜2秒だけ観てました。
これだけでも、けっこう目には害があるはずです。バスの中をみると妙に暗く見えたり、目の中が光って感じたりしましたから。
ヨイ子は真似してはイケマセン。

最大に掛けたのは7:50ころと感じました(札幌青少年科学館の情報によれば7:49)
太陽が三日月状になり、それでも強烈な光を発しており、宇宙の不思議と太陽エネルギーの大きさを実感。

事前の情報によれば、ほとんど暗くなることはない、ということでした。
確かに暗くはならない。しかし若干、光が弱まったように感じました。
曇り空とか夕方とは違った、不思議な減光のように思えたのは気のせいか、あるいは目がやられたからかも。

道行く人は、天空で起こっていることにはほとんど感心がないように、ごく普通に歩いたり自転車に乗ったりしてました。
観測の用意がないから、直に太陽を観てはいけないという報道の警告をキチンと守っているのかも知れません。
警告を知りながら、「マ、ダイジョブダロ♪」なんて軽いノリで太陽を直視するハンサムで上品な中年紳士は重々反省。

バスの中から確認した「日食を見上げていた人」は、コンビニエンスストアの店員さん2名、通学中の女子中学生数名でした。
いずれも観測用具などなしで見上げていたけど、お目々はダイジョウブでしたか?

中央区に到着してバスを降りると、日食メガネで観測している人を数名みかけました。
大通公園では、カメラを構えて撮影している男性も。
中央区の方が天体現象に興味のある人が多いのかしらん?

次に日本で金環食が観られるのは2030年6月1日だそうです。
今度は北海道が中心に入るらしいから、日食メガネを買っておかなくちゃ。
18年も無くさずに保管しておく方が難しいか。

それにしても、こういうことが事前に分かるのだから、天文学ってスゴイなあ。
どうやって計算するのか、見当もつきません。

天文現象の神秘よりも、それを事前にどういう方法を使ってか計算で知る学問に感心するのは理系コンプレックス、あるいは学生のころから数学な苦手なまま頽齢に至った貴公子の溜息です。

ちなみに「サロス周期」というものがあって、ある日食や月食の後、18年と10日8時間後に120度西にずれた地域で起きることが紀元前から分かっているそうです。
シラナカッタヨ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
内向的営業マンのためのシナリオトーク術
内向的営業マンのためのシナリオトーク術 ...続きを見る
内向的営業マンのためのシナリオトーク術
2012/05/21 17:00

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
金環食(北海道では部分日食だけど) 電子作文で行こう!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる