ワッとはしゃげない性格

苦手なことばかり多い人生ですが、はしゃいだり、盛り上げたりするのも大の苦手です。
盛り上げるどこころか、自分で「盛り上がる」というのも苦手だ。
静かにしていたい。

例えばボーリングでストライクを出した人は、さっそうと振り返って満面の笑顔で、両手でピースサインかブイサイン(見かけは同じか)を作って、「いえーい」とか言って小躍りしたり、一緒に来た人たちとハイタッチをしたり座り小便してバカになったりするワケですよ。盛り上げるために。盛り上がってますよ、という表明のために。

ハンサムで上品な中年紳士には、あんな空々しいはしゃぎ方はできません。
そもそもボーリングをしないし、したとしても得意技はガーターでストライクなんて絶対にとれません。

「そういうときはバカになってみんなで騒ぎましょう!」という人もいますが、バカはもともとです。これ以上バカになったらミミズよりも勉強ができなくなります、オケラよりも仕事ができなくなります、デンデンムシほどにも社会生活が送れなくなってしまうですよ!

こういう気分をわかる人はあまりいないだろうなあ、と思って五十数年生きてきました。

シカシナガラ。
同じ感性を持った人がいたのです!
歌人の穂村弘が書いた「もうおうちへかえりましょう」に収録された「マイナス星人」がそれです。
自分と同じ感覚の人間がいるかと思うと安心できます。
もっとも相手にすれば、「あんなヤツが一緒かよ…」というところかもしれません。

「マイナス星人」について詳しくは書きませんので、どうぞ書店でお手にとってお確かめください。





この記事へのコメント

2019年04月21日 19:13
出ちゃっ太さん、どうもです。
この感覚は凄くわかります!!
私の場合は、まずはボーリングには
誘われたい。でも用事があると言って
嘘ついて参加しない。
誘われないのはイヤですが、参加は
したくないというダメ人間です(笑)
もちろん参加したところで騒げません。

ちなみに、紹介されてる本、物凄く
興味があります。更に積読が増えますが
確保したいです(笑)
おなら出ちゃっ太
2019年04月21日 21:49
海 さん>>
コメントありがとうございます。
わかっていただけましたか!
誘われないのイヤだけど参加するのはもっとイヤ、というのもわかります。
お互いにメンドウクサイ性格ですね。(^_^;

この本、たぶんブックオフで108円で買えるような気がします。
是非とも積ん読の仲間に加えてあげてください。もちろん、即、読んでもかまいませんが。
面白いところだけ読んだら積ん読、っていうのもアリかな。

この記事へのトラックバック