珈琲とサンドイッチの店さえら

珈琲とサンドイッチの店「さえら」には、2015年にも一度行ったことがあります。
その時はあまり良い印象がなかったのですが、その後、サンドイッチがずいぶん美味しいらしいことが気になり始めました。いつだったか、お昼時に行ってみたら、店の入り口前にある階段の中程まで行列が続いていたことがあり、即座に入店を諦めたモノです。

で、先日、たまたまお昼時でも待っているお客さんが女性一名という僥倖に恵まれましたので、ちょっとだけ待って入店できました。
みたところ、二人用の席がいくつか空いていたのですが、ひとり用の席、つまりカウンタ席が空くまで待たせておこう、というのが店の方針だったようです。しかし女性客に加えて、ハンサムで上品な中年紳士が順番待ちの列についたことで方針を変更し、空いている二人用席を使わせる決断をしたらしいです。カウンタ席の客が長っ尻だと諦めたのか、入り口に気品あふれる二枚目が立っていると後から来るであろう女性客が恥ずかしがって帰ってしまうおそれがあるの、胡散臭い中年男が店先にいると客足に影響が出るのでさっさと店内の目立たない場所に収容してしまおうと思ったのでしょう。

まあ店側の思惑はどうでもよく、貴重な昼休みを待ち時間でつぶされなかったのはけっこうなことです。

注文したのは、エビカツとパストラルビー…、いや、パステルラビー…、ちがった、パストラミビーフのサンドイッチです。飲み物は紅茶。

saera.JPG

エビカツサンドにかじりつくと、カリッとした食感とともに、唇がすごく熱かった!
エビカツは揚げたてなのかしら? パストラミビーフサンドイッチを先に食べて、エビカツがちょうどよい頃合いになるのを待ちました。

店内は落ち着いた雰囲気で、落ち着いた女性客が多かったです。
サンドイッチとかパン屋さん併設のカフェとかは、女性が多いですね。男性はほとんど見かけません。特にオヤジは皆無です。だから好きなの。


珈琲とサンドイッチの店 さえら
札幌市中央区大通西2丁目5-1