テーマ:ビジネスパーソン

通勤時間は貴重な自由時間である

いつもコメントをくださるnarkejpさんのブログ記事、通勤時間の使い方を考え直すきっかけになりました。 通勤時間は思いのほか貴重な、そして自分だけの自由時間です。 もちろん東京都内での電車通勤のように、乗車率200%超えの車両に詰め込まれての通勤は苦痛なだけでしょう。 しかし幸いなことに、こちらは小樽と札幌間を通勤する田舎者です。バ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

有給休暇をとるのに理由はいらない

閉店を前にした喫茶店を訪れるプロジェクト甲の実施には、午後から2時間の有給休暇を取得することが必要不可欠でした。 一般に有給休暇は、入社初年度10日が付与され、勤続年数に応じて最大年間20日まで付与されます。繰り越しは通常1年に限る。ある程度の勤続年数で、一年間まったく有給休暇を取得しなければ、翌年には40日の有給休暇がある。 就業規…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年(2020年・令和2年)のどんど焼き情報(札幌市大通近辺です)

例年のことですが、札幌市中央区大通周辺での「どんど焼き」なら、北海道神宮頓宮へどうぞ。 「どうぞ」って、別にお誘いするような立場ではないのですが。 円山の北海道神宮まで行かなくてもどんど焼きはできるのです。 地下鉄で円山公園駅を降りていけば北海道神宮にはいけますが、そこからけっこう歩かねばなりません。 出かけていく時間がない方、歩く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「仕事始め」か「仕事初め」か、ここはやはり「初め」と書きたい!

昨日(2020年1月6日)は、待ちに待った仕事始めでした。 「しごとはじめ」は、正しくは「仕事始め」と書きます。 ですから、「仕事初め」と書くのは間違い。 「書初め」や「初夢」などの「初」から連想しがちですが、「初め」の「初」は、「最初の」という意味を持ちます。 よって仕事につなげて使う場合は「初仕事」と使うのが正しい。 新入社員の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仕事始めに目標を立てました

残念ながら今日から待ちに待った仕事始めです。 前から「仕事初め」と書いたりしていたのですが、一般的には「仕事始め」と書くのが正解らしい。二枚目の中年紳士の気分では、「書き初め」や「初売り」に「初」の文字が含まれているのに引きずられたのかしら? さて世間では仕事始めの日は挨拶だけ、なんて優雅な職場もあるようですが。 日頃の色男ぶりがたた…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

昨年の今頃は

昨年、つまり2018年の今頃は血眼になって2級FP技能検定の勉強をしていた気がします。 その甲斐があって試験には合格したものの、一年経ってみて我が身を振り返ってみると。 どう見ても勉強したことが身についているとは思えません。 正直、全部忘れた。 法令や税制は年々変わっていく部分もあります。 ある年に2級FP技能検定に合格しても知識を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

時間は正確に伝えなければいけないという教訓なのだな

9時10分前が理解できない若者がいるという記事を読んで、「まさか」と思っていました。 「9時10分前が理解できないはずはない、ごくわずかな事例、例えば1万人の若者にひとり、というケースを大げさに言い立てているんだろう」くらいに考えていました。 シカシナガラ。 いました、勤め先の若手社員に。9時10分前が理解できない若者が実在したのです…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

肋骨骨折のベテラン

一昨日(2019-12-02)に転倒して、右第七肋骨を折りました。人生で三度目の肋骨骨折です。 これが多いのか少ないのか普通なのかどうか。 ちなみに三回のうち二回は冬の通勤途中、凍結した道路での転倒が原因です。 もう一回は自宅の塀から落ちて胸を強打したときのものです。その前後の記事を読んでみると、ずいぶん痛そうなのに病院に行ってないん…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

整形外科に行ってきました

一昨日(2019-12-02)の早朝、勤勉なビジネスパーソンを絵に描いたのを見たこともないハンサムで上品な中年紳士は、出勤途中に凍結した路面に足を滑らせ背中を強打しました。悪寒など、骨折をうかがわせる自覚症状があったにもかかわらず出社すると打撲個所の痛みに泣き言も言わずにうめき声をあげながら仕事にハゲみました。 「(うるさいから)さっ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

凍った坂道でスッテンコロリン!

昨日(2019-12-02)の早朝、真面目で勤勉な日本のビジネスパーソンらしく、朝から出勤しました。 トコロガ。 家の近くで凍結した下りの坂道に足を滑らせて転倒! 背中から落ちて、一ミリほどの氷が張り詰めたアスファルトの路面に激突しました。 まるで凍ったアスファルトの道で滑って転んで背中を打ったような痛みでした。 しばらく呻吟した後、け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本日より奥様が不在

本日より、奥様が不在です。名古屋で暮らす娘を訪問の旅に出ました。旅は大袈裟か。 職場でこういうハナシをすると、 「今夜から羽を伸ばせますね」とか、 「ゆっくり帰れますね」とか言われます。 自宅に奥さんがいない=帰らなくていい、ということらしいですが、何故?という感じです。 どうせ家には帰らなくちゃいけないんだから、帰るなら早く帰ったほ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

本当は会社をさぼって観にいく予定だったのだけど

映画「イエスタデイ」を観られなくて残念でした。 本当なら、午後から会社をさぼって(半日有給休暇をとって)でも観に行く予定でした。 シカシナガラ。 その日は、夕方から北日本から北海道にかけて、冬型の気圧配置が強まり天候が大荒れになる、という天気予報が出ていたのです。万が一、帰りのバスや電車、飛行機やスペースシャトル、ハヤブサ2や流星号が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あおり運転されたことがある

最近、ようやく「あおり運転」のニュースが減ってきましたね。かといって「あおり運転」が根絶されたワケでもなく、「あおり運転」をする悪質なドライバーが絶滅したワケでもないでしょう。ニュースとして飽きられただけ。 ハンサムで上品な中年紳士も「あおり運転」をされたことがあります。 まだ20代半ばのころです。社用車で札幌郊外を走っていると、突如…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

真昼のオフィス街の交差点で踊っていた太った青年を思い出すことがある

ハンサムで上品な中年紳士が新人の二枚目なサラリーマンだったころの思い出ですから、かれこれ30年ほども前のオハナシ。 札幌市内中心部、都市銀行が並ぶオフィス街、真昼間。そして多数の人が行きかう交差点での出来事です。 はちきれんばかりに膨らんだ腹を白いワイシャツに包み、太い首に食い込むんじゃないかと思うほどネクタイをピッチリと絞めて、潰れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

定数計算を使うと逆の引き算も可能です

先日、札幌情報図書館で見つけた「文系女子のための電卓操作入門」に関連して、続く。 電卓で四則計算キーを二度押しすると「K」と表示されて定数計算モードが使えます。 例えば100と打って、マイナスキーを二度押す。 そして130と打って、イコールキーをエンター! ( 電卓でもエンターでいいのかしら? ) すると、計算…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

電卓もなかなか侮れません

先日、札幌情報図書館で面白い本を見つけました。 「文系女子のための電卓操作入門」とタイトルがついていますが、「文系」でも「女子」でなくとも知らなかったことがいっぱいでした。 以下、愛用しているカシオの電卓に準拠してハナシを進めます。 先日、2級FP技能検定のために電卓の掛け算キー(×)の二度押しで累乗モードになるこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミスよけ大全(中島孝志)に書かれたノウハウを身につけるたった2つの方法

いろいろと参考になることが多い「ミスよけ大全」(中島孝志)です。ただしこの手の本にありがちなのが、読んだだけで分かった気になること、です。せっかく読んだのですから、書かれていたノウハウや秘訣を活用しないのはもったいないオバケが出ることでありましょう。かと言って、この本を片手に仕事をするワケにもいきません。 となると、160…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミスよけ大全(中島孝志)に異論もあって

いろいろと参考になることが多かった「ミスよけ大全」(中島孝志)ですが、ちょっと異論もあります。 「#68 仕事は重要度と緊急度で判断する」で書かれていたことに引っ掛かりを感じました。 経費の精算を引き合いに出し、「緊急ではあるが組織に利益をもたらす仕事ではないから重要性は低い」としてありました。営業マンや技術者、クリエイター…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミスよけ大全(中島孝志)

恥ずかしながら、いい年をして仕事上のミスが絶えません。頽齢に至り能力が落ちたのならまだしも、元来が軽率で軽忽で粗忽者のおっちょこちょいの上に集中力がないのですから、ミスが多いのも当たり前ですね。 職場でも「お前のやることの半分は間違いだ!」と叱られてばかりです。 「半分あっているならいいじゃないか」と言ったら、どうなるか試してみたい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スマートフォンスタンドとヘッドセットで電話中でも両手が使えます

ハンサムで上品な中年紳士の勤務先では昨年(2018年)あたりから、固定電話のビジネスホンを極力排しています。その代わりに全従業員にスマートフォンを配布し、電話は外線も内線もスマートフォンで対応しています。 スマートフォンを持っていなかったので、最初は使い方にかなり戸惑いましたが、最近ではようやく慣れてきました。 スマートフォンに…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今年の年末は10連休なのだ

今年の年末年始のお休みは10連休です。 年が明けてからの休みが長いのもいいのですが、仕事が始まってから忙しいのはちょっとイヤだなあ。 そして休み中に、FP2級試験の勉強がどれくらいできるのかが気がかりです。 いや、気がかりも何も、自分がやればいいだけのハナシなんですけれども。
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

テキストを全部完全にもれなく覚えようとする人は、落ちる!

FP2級試験に向けて勉強中ですが、以前ある本で得た知見があります。 それは「テキストに書いてあることをすべて覚えようとする人は落ちる」というものでした。 試験に出る部分は限られているので、そこに限定して効率よく勉強しなさい、ということです。特にビジネスパーソンに多いのが、金融商品関連について突っ込みすぎた勉強をしてしまうことらし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

色々と語呂合わせを作ります(コーキソーコ)

FP2級試験対策の語呂合わせ、必要に迫られるとけっこう作れるものです。 例えば、「コーキソーコ」 なんだか分かります? 不動産価格の評価に使われる指標を覚えるための語呂合わせです。 公示価格( コー )、基準値標準価格( キ )、相続税評価額( ソー )、固定資産税評価額( コ )。 ちなみに対公示価格の割合は「イイハ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

語呂合わせはジョウタイサン

先日、挨拶はムヤクタというブログ記事を書きました。「ムヤクタ」にはまるで意味がありませんが、一度で覚えられる語呂合わせです。 FP2級試験に苦心しているハンサムで上品な中年紳士としては、こういう語呂合わせを作りたい。 最近、自作したFP2級試験対策用の語呂合わせは、 「ジョウタイサンハブンリカ」というものです。 これだけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴーンショック続編

ミスターゴーン( ウェザーリポートのアルバムではない )のタイホ後、いろいろな話が取り沙汰されています。一様にミスターゴーンが金に汚い、せこい、強欲という印象を強くするものばかりです。ここまで酷い情報があふれると、何やら世間の印象操作という気がしなくもありません。 先代か先々代か忘れましたが、どこかの東京都知事がスキャンダルで追…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ゴーンショック

巷間で話題の「ゴーンショック」、なんとなく頭の中で鐘でも鳴ったような語感ですね。 まあ当事者には、お寺の鐘の中に頭を突っ込んだ状態を撞木で突かれたような事態かも。 ミスターゴーン(ウェザーリポートではないヨ)に対しては、「合理化だの人員整理だの言っておきながら数十億円の報酬を受け取るってどうなの?」とは感じていました。別に日産に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

FP2級の勉強が難しい!

新しいテキストを買ってFP2級の勉強をしていますが。「スッキリわかる」シリーズを使っても難しいものは難しいですね。 一番ややこしいのが税金関係です。税務署と税理士の仕事を保護するためにわざと複雑怪奇にしているとしか思えません。 二番目は金融関連。株式とか債券とか、あぶく銭で儲けようとする連中が考え付いたことはわかりにくい! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベンフォードの法則を覚えておいて損はない!

先日、あるビジネスサイトを閲覧していて仕入れた豆知識です。 ( 覚えたことをすぐに披露したがるのはあまり賢い人ではない、という法則もあったような ) さて、ベンフォードの法則です。 デジタル分析テクニックのひとつで、1930年代のアメリカでゼネラル・エレクトリック社に勤務する物理学者フランク・ベンフォードが開発したものです。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

年末調整の季節

10月末から11月の初めにかけて、保険会社から「保険料控除証明書」というものが届きます。 これは年末調整の際に必要なものですから捨てないようにしましょう。 「保険会社から来た書類を捨てる奴がいるか?」という疑問をお持ちかもしれません。 ですが、いるんですよ。 「ダイレクトメールだと思ってみないで捨てた」という人が実際にいまし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

FP2級試験のお勉強は

FP2級試験のお勉強は、テキスト読み2回目を終わって問題集に取り組み始めました。 トコロガシカシ! さっぱりの全然まったくまるきりわからなくて手も足も目も鼻も口もでません。 これでは自信を失う一方です。失う自信があったこともオドロキです。 ハンサムさや上品さ以外にも自信を持っていたことには自分でも驚きを隠せません。 と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more