テーマ:手帳

バレットジャーナル対スマートノート

先日、バレットジャーナル本の感想を書きましたが、どうも悪口然としてしまいました。 手帳やノートの活用や楽しみ方は人それぞれなので良い悪いということはありません。ただ人間が語る以上、どうしても好き嫌いが反映しちゃいますね。絵も字も下手な不器用でハンサムで上品な中年紳士は、きれいに作る見せるタイプの手帳が苦手で、心の奥底で劣等感を抱いてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バレットジャーナルの雑誌広告を妄想してみました

オフィスにて、若いビジネスパーソンである縞工作が上司に報告書を提出している。 やや出っ歯でイヤミな顔つきの上司は、縞工作の報告書を一瞥するなりデスクに放り出した。 「こんなんじゃわからないよ、もっと要点を整理してくれたまえ。箇条書きでいいからさ」 縞工作は奥歯を噛みしめて堪えながら思った。 (この前、箇条書きのレポートを出し…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

箇条書きも難しい(バレットジャーナルとか)

バレットジャーナルの基本は箇条書きにあると思います。 箇条書きにして書き出した項目の行頭に、アイコンを書き込んで完了チェックしたり先送りしたり忖度したり味付けしたり光合成を促したりします。 ところで、この箇条書きというのも存外難しいものです。簡潔に要点とかキーワードを書き出すのは難しいですよ。 勤務先でも、「箇条書きに…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

バレットジャーナル活用術(ねこねこ)

最近、何かと話題のノート術あるいは手帳術として「バレットジャーナル」というものがあります。 本来はごく簡単に、バレット(Bullet:弾丸)と呼ばれる「・」印をつけて箇条書きに書き出すというもの。これに加えて「key」と呼ばれるアイコンを作ってスケジュールやToDoリストを管理するものです。 バレットジャーナル用の手帳が市販…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Ca.Crea(カ.クリエ)は旅行の計画と記録に使うのだ

久々に手帳というかメモ帳を買いました。 プラス株式会社の「Ca.Crea(カ.クリエ)」シリーズの「A4×1/3」タイプです。商品名の中にピリオドがあったりして書くのが面倒ですが、使い勝手は非常によさそうなので買いました。 実際に使ってみると、大きさがちょうどいいです。愛用しているコクヨの野帳タイプからみると大きくてカバ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いい年して欲しくなったのは学研ステイフルのスタディプランナー

前々から欲しいと思っていた手帳があります。 それは学研ステイフルのスタディプランナーなので、ちと恥ずかしいというか、照れます。 ご存知の方なら知っての通り、スタディプランナは学生向け、それも女子高校生とか中学生をターゲットにした商品です。男子も使っているかもしれませんが、イメージは女の子かな。 それをいい年をした二枚目のおじ様…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年(2019年)の手帳に週間スケジュール欄を作る

雑誌BE-PALの付録ダイアリを手帳にして3年目…、だったかな? 2019年からの大変化というか大改悪があります。 以前にご報告したとおり、ウィークリースケジュール欄、日本語で書くと週間予定表欄がなくなりました。 仕方ないので、カスタマイズとして自分で線を引いて週間予定欄を作っていました。年末に中断していたのですが、元日か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

来年(2019年)の手帳をカスタマイズしなくちゃなのだ!

ヤフオクを通じて購入した来年(2019年)の手帳・雑誌BE-PALの付録ダイアリは、今年からモデルチェンジされて、今年(2018年)まであった見開き2週間の予定表ページがなくなりました。 予定表としては使わないのですが、日々の記録、例えば朝晩測定している血圧の記録を残すのに最適なのが見開き2週間のページだったのです。 手前は、週…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

バレットジャーナルという手があった!、けども前途多難かもしれない!

いつもコメントをくださる海さんのブログで、バレットジャーナルという手帳に関する本が紹介されていました。 いろいろと調べてみると、バレットジャーナルとはどちらかというと女性がカワイくてオシャレな手帳を手作りしちゃおう! という雰囲気のある手法みたいです。 ということは、ハンサムで上品な中年紳士にもぴったりではありませんか! しか…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

来年の手帳(BE-PAL2019年ダイアリ)のご紹介です

首尾良く落札した雑誌BE-PAL(2018年12月号)付録のダイアリ(2019年版)が届きました。 オレンジ色というのか黄色というのかきれいな色です。キャラクタは2019年の干支の猪のうり坊。行列しているところがカワイイですね。 裏を見ると最後の一匹がこちらを向いてます。つぶらな瞳がキュートですね。 口…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

BE-PALダイアリ2019年版を落札しました

来年(2019年)の手帳は雑誌BE-PAL付録のダイアリに決めた、と先日ブログ記事にしました。問題は入手方法ですが、雑誌ごと買うのは無駄なので、ヤフオクにて入札し、首尾よく落札できました。 本体価格325円、送料185円、合計510円です。雑誌ごと買うより270円ほどお得ですし、読まない雑誌を捨てる手間もいりません。付録だけ買って…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

来年(2019年)の手帳にロックオン!

来年も雑誌、BE-PAL付録のダイアリーを使うことは決まっています。 問題は、それをどうやって手に入れるか、です。 どうやってもこうやってもなく、雑誌BE-PAL2018年12月号を買えばいいのですが、それはできません。 なぜかというと、雑誌本誌には何の興味もないからです。12月号の特集はキャンプファイヤーとナイフなどが取り上…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

渋いスマートフォンカバーを見かけたのです

バスの中でスマートフォンを使っている人を見かけました。それ自体は別に珍しくもなんともない、ごくごくありふれた光景です。 目をひかれたのは、スマートフォンのカバーでした。 飾り気のない深緑色のカバーで、見た目にはコクヨの測量野帳のように見えました。スマートフォンの持ち主が若い女性だったので、その組み合わせにも意外さがありましたね。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

来年の手帳(BE-PALダイアリー)のイラスト

雑誌本誌を買わずに、付録だけ購入したBE-PALダイアリ。 表紙のイラストは、こんなのです。 さて、これが何だかお分かりでしょうか? 親しくしている、とある女性(配偶者ともいう、相手は「親しくない」と主張するかもしれない)によると、 「犬が振り向いているところ」、に見えるのだそうです。 実は正解は、「月に吠…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

来年の手帳(BE-PALダイアリー)を買いました

そろそろ来年の手帳を決めなくちゃ、とお考えの方も多いでしょうか。 ハンサムで上品な中年紳士も重い腰をあげて、ようやく来年の手帳を選びました。 ま、今年と同じく雑誌BE-PALの付録のダイアリーです。 やはり最低2年くらいは使ってみないと、よしあしが分からないですから。 というのは方便で、本当は手帳を探したり選んだりするのが面…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

コードネームはオカマクラミキサー

この夏くらいから密かに計画していたプランがありました。 コードネーム、オカマクラミキサーです。 詳細はこの手帳に記載してあるのです。 コクヨのフィールドノートは裏表の表紙が堅牢な厚紙でできています。 ポケットに入れて曲がらず、開いてもたわまず、書き込みするにも机がいらず。 それどころか、立ったままでも楽に記入が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BE-PAL付録のトラベラーズダイアリー2017のご紹介です(その他仕様続き)

トラベラーズダイアリーは、あくまで「ダイアリー」であり「手帳」にあらず。 両者がどう違うのかというと、ダイアリーは日記であり、手帳は手帳です。 厳密に区別されているワケではないのでしょうけれども。 メモのページは豊富にあります。 まったくの清々しいほどの白紙で、「どうぞご自由に書き込みしてください!」 という製作者の意図がう…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

雑誌BE-PAL付録のトラベラーズダイアリー2017のご紹介です(その他仕様)

雑誌BE-PAL付録「トラベラーズ・ダイアリー2017」の詳細、続きです。 ウィークリーは、見開きで2週間。 少々、書き込む欄は小さいのですが、元々、そうたくさん手帳に(今度はダイアリーに、か)書き込みするほど几帳面なタイプではありません。単にハンサムで上品なタイプです。 ですから、見開き2週間でも、十分足りるはず。 足りな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

雑誌BE-PAL付録のトラベラーズダイアリー2017のご紹介です(月間ブロックカレンダー)

ZEAK さんのブログに触発されて入手した、雑誌BE-PAL付録「トラベラーズ・ダイアリー2017」の詳細です。 これまで手帳のフォーマットとして、日曜始まりの月間ブロックカレンダーに固執してきました。 ところが困ったことに、トラベラーズ・ダイアリーは月曜始まりです。 日曜始まり派であるハンサムで上品な中年紳士には辛い仕…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑誌BE-PAL付録のトラベラーズダイアリーを入手しました

雑誌、BE-PALの付録「トラベラーズ・ダイアリー2017」を入手しました。 だいぶ前に一度だけ手に入れたことがあったのですが、毎年定番の付録なんだそうです。 これを来年の手帳として使う予定です。 実は来年の手帳としては、昨年まで使っていた「ダイゴーのE1375」にしよう、と決めていました。 しかし、ZEAK さんのブログを見て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新しいメモ帳を使い始めました

メモ帳(Windowsに付属している簡易テキストエディタではなくて)として使っている野帳ですが、このたび新しいのをおろしました。 以前にもご紹介したものです。購入してから9ヶ月も経っていたのですね。 ようやくというか、やっとというか、満を持してと言うか、年をとっちゃったらどうしてくれるんだ(志ん生風)というか。 新しいのは左の黄色…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こんな手帳があったらなあ

単なる希望を書き付けてみる。 コクヨのフィールドノートのつくりで、中は日曜始まりのマンスリーブロックとレフト式ウィークリーの組み合わせ。 表紙は測量手帳みたいなダークグリーンではなく、明るい色が望ましい。 極々シンプルな手帳だと思うのですが、なかなかありません。
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

手帳の季節が…

十月の声を聞くと、雑誌では来年の手帳に関する記事が増えてきます。 書店や文房具店にも手帳が並び始めますね。 今年の手帳はピンクのカバーに惹かれて「サンノーファミリー手帳・ライト(8311)」を購入しました。 これがどうにも使いにくい手帳でした。 使い始めて一ヶ月で嫌気がさしていたのです。とは言い条、買い換えるのももったいなく、我慢して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コクヨのフィールドノート(黄色)を購入しました

フィールドノート、野帳、レベルブックなどとして知られるコクヨの小型ノート。 深緑色の表紙がトレードマークですが、近年、明るい色の製品も出ています。数年前、雑誌「Be-PAL」の企画商品としてカラフルな製品がありましたが、一般商品化はされませんでした。 ところが、たまたま文具店をのぞいたら、黄色や白、青や赤のカバーを身にまとったフ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今年(2016年)に使う手帳です

遅くなりましたが、今年(2016年)使う手帳、サンノーファミリー手帳・ライトです。 昨年まではダイゴーのアポイントダイアリーを使っていましたが、店頭でピンク色のカバーと薄さが目にとまったサンノーファミリー手帳・ライトがを買ってしまいました。 左が昨年のダイゴーのアポイントダイアリー、右が今年のファミリー手帳・ライトです。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

来年の手帳はヤッパリこれにしました

来年の手帳は考えるのが面倒なので、昨年と同じ「ダイゴーのアポイント手帳2016(ウィークリー)イエローE1375」にする、と昨日のブログで書きました。 それで札幌の文房具店・大丸藤井セントラルに出かけたのですが、そこで迷ってしまいました。 同じタイプの手帳で、カバーがピンクのものがあったのです。 男らしいハンサムで上品な中年紳士として…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

来年の手帳はこれに決まりです

来年の手帳ですが、もうあまり考えないで、これに決まりです。 ダイゴーのアポイント手帳2016(ウィークリー)イエローE1375 文房具店を見てみれば、楽しそうなカジュアルダイアリーもあるのですが。 いずれも帯に短したすきに流し、というか、月曜始まりカレンダーだったり大き過ぎたりです。 値段が高すぎるってのも論外!
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

雑誌の手帳特集はセールスマンだな

毎年、この時期になると各出版社の雑誌が手帳特集を組みます。まあ風物詩みたいなものですから、かまいません。ただ頃日では、手帳のセールスマンみたいな記事が目に付きます。 メーカーとのタイアップ記事とは言い条、要するに高い手帳を売りたいだけじゃないか?という企画記事も少なくありません。 一番驚いたのは、某誌の「年収の高い人は手帳を二冊持つ」…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

雑誌の手帳特集はもうたくさん!

この時期、書店には手帳特集を掲載した雑誌がたくさん並びます。 ですが最近では、この手の雑誌を手に取ることはないですね。 仕事の能率アップとか、デキル社員になるとか。 夢を叶えるとかなりたい自分になるとか寝小便がなおるとか。 そういうのはもうたくさんですね。 使い方のアイデアも目新しいものがあるわけでもなく、 単にメーカーの提灯持ちみた…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

プレジデントオンラインで手帳ネタを見つけました

業務を曜日で分別管理!「アリエールパワージェルボール」開発者の手帳拝見という記事を見つけました。 まあ、書いてあることは珍しくもない内容。手帳ネタ、時間管理ネタ好きの方なら一度は見たことがあるものばかりではありす。 もっとも仕事に活かす技術とかノウハウは、本質的にはそう大きく変わるものではありません。同じようなアイデアやネタが出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more