テーマ:旅行

名古屋から戻る飛行機の中で赤福を食べていたのは

今頃、十連休に名古屋旅行をした際の余談、その2を書きます。 ANAのWi-Fiに接続できずに困っていた一家ですが、Wi-Fiの騒ぎの前には一家で赤福を食べていました。 8個入りの箱(税込み864円だったかな)を一家四人で分けて食べている様は、見ていて微笑ましいものでした。ただ夫婦は隣り合っていますが、娘さん二人は後ろの席に分かれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名古屋から戻る飛行機の中でWi-Fiに繋げられない人を助けてあげたのだ!!

今頃、十連休に名古屋旅行をした際の余談を書きます。 頃日ではどこにでも無料で使える公衆Wi-Fiが備わっています。 旅客機もまた例外ではありません。ANAの搭乗便ではANAのWi-Fiが利用できました。 電波を発する機器を使ってはいけません、という注意書きの意味が分からなくなりますが、まあ便利でありがたいです。 さて、名…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私はこの辺りの怪しいものです

旅行中、何度か道を尋ねられました。札幌や小樽でなら大喜びで道を教えて差し上げるところなのですが、見知らぬ異郷の地では如何ともしがたい。 ましてや迷宮のような名古屋駅前では、ハンサムで上品な中年紳士も迷子になった愛らしい子猫も同然です。 しかも相手が英語でコミュニケーションをとらなくてはならない外国人では、男前の達磨同然に手も足もでま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中部国際空港セントレアのレストランでひどい目にもあったエピソード

手放しで中部国際空港セントレアのレストラン街をほめるのもなんですから、よくなかったエピソードも書いておきます。 2019年3月末にも名古屋に行った時も新千歳空港行きの便に乗る前に空港レストランで食事をしました。「矢場とん」とか「まるや」といった専門店ではなく、ファミリーレストランみたいな大食堂でした。 ハンサムで上品な中年紳士と…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

食事は中部国際空港セントレアに限る(かもしれないエピソード)

名古屋旅行最終日、名古屋城と徳川園の観光を無事に終えて中部国際空港セントレアに向かいました。空港と名古屋市内はミュースカイという特急で接続されており、30分で到着します。 新千歳空港行きの飛行機は19時30分。中部国際空港セントレアに到着したのが17時30分、搭乗手続きをしてもまだ十分に時間があったので夕食をとることにしました。時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

知識(太刀と刀はどう違う?)

名古屋旅行5日目、最後の見物である徳川美術館で覚えた豆知識を披露します。 豆知識、太刀と刀はどう違うのか? 太刀: 平安時代から鎌倉時代にかけて使われた 帯に紐で結んでさげて帯びる 帯刀しているとき、刃は下を向いている 刀: 戦国時代から江戸時代に使われた 帯に挟んで帯びる 帯刀しているとき、刃は上を向いて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徳川園と徳川美術館と太刀での立ち合いと

名古屋旅行5日目、最後の見物場所は徳川園と徳川美術館です。 徳川園はそれほど広い場所ではありません。もちろん名古屋城に比べて、という意味ですので、普通の分譲住宅なら名古屋中の人が移住できるほど建てられるでしょう。移住する人数に合わせて小さく設計すれば。 徳川園は、いわゆる日本庭園というもので、大きな池を中心に人工の川と紅葉な…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

支留比亜珈琲店徳川本店(徳川園近くの喫茶店)

名古屋旅行5日目の昼食は、支留比亜珈琲店徳川本店です 支留比亜と書いて「シルビア」と読みます。漢字の当て字といい、店内の装飾といい、どことなく昭和のヤンキー臭というかツッパリ風が漂うような店でした。別にガラの悪い兄ちゃんがいて因縁をつけられたワケではありませんが、なんとなく、ね。 店内も禁煙じゃないし。タバコを吸っている人があま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名古屋城は城攻めができそうなくらいの人出でした

名古屋旅行5日目、最終日です。帰りの飛行機は19時30分の飛行機ですので、比較的時間の余裕はありました。 午前中は名古屋城を見物し、午後からは徳川園を訪問というプランです。 旅行最終日、初めて好天に恵まれました。この日一日でずいぶん日に焼けた気がします。 名古屋城へは地下鉄名城線・市役所駅から徒歩ですぐです。「そこからどっちに…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

瀬戸の昼食と瀬戸のカフェ

名古屋旅行4日目を過ごした瀬戸市。 昼食は瀬戸川沿いにあるお蕎麦屋さん、 手打ち蕎麦・志庵、駐車場にコンクリート製の大きな看板が目立ちます。 人気のあるお店らしく、カウンタにようやく2席空きがありました。 カウンタ席で奥さんと仲良く並んで食べたのは「お試しセット」、ざるそばと桜海老のかき揚げ二分の一サイズで1200円、だったかな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

瀬戸物の開祖が暮らしていた場所は

名古屋旅行4日目。 瀬戸の焼き物の開祖は加藤四郎左衛門景正、12世紀後半から13世紀中期を生きた人物です。 加「藤四郎」左衛門景正を略して「藤四郎」と呼ばれていたらしい。トウシロウ(素人)ではなく、焼き物の玄人ですけどね。 中国(南宋)に渡り、5年後に帰国したのちに日本全国を放浪して尾張瀬戸で陶器に適した土を見つけた、そう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

窯垣の小路と瀬戸蔵ミュージアム

名古屋旅行4日目、川村屋賀栄の瀬戸川饅頭と金城学院大学書道部の書道パフォーマンスで勢いをつけて、瀬戸観光を続けました。 瀬戸といえば有名なのが「窯垣の小路」です。 ちょっとした山道に窯道具や焼き物を積み上げて作った塀や石垣が400メートルも続く美しい景色です。いったいどれくらいの窯道具や焼き物が使われているのか見当も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

瀬戸の街角で令和最初の奇跡に遭遇したのだ

名古屋旅行4日目、この日は名古屋から電車で30分ほど離れたところにある瀬戸市を訪れました。 名前の通り、瀬戸焼、いわゆる瀬戸物で有名な町です。瀬戸物とは瀬戸内の焼き物だと思っていたのはハンサムで上品な中年紳士だけでしょうか? 残念ながらこの日も雨ですが、傘をさせばどうってことない程度の降りでした。小さな町なので徒歩で観光が可能で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お参りの後のお楽しみは(五十鈴川カフェ)

伊勢神宮の外宮と内宮を参拝したあとは、おはらい町を散策するのがデフォルトです。 「本音では神社よりもコーヒーとケーキが目当てなんだろう、御朱印目当ての人に皮肉を言える立場か!」とお叱りを受けそうではありますが、これは江戸の昔からの倣いです。 神社にお参りのあとは精進落としで飲み食いするのが昔からの作法。聖のあとは俗なのです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊勢神宮参拝の行列

平成最終日の伊勢神宮の混雑は、御朱印の列ばかりではなく参拝にも影響しました。 どの宮をお参りするにも行列です。もっとも御朱印の行列ほど長くはなく時間もかかりませんけれども。 それでも渋滞するのはお宮の正面に人が集中するからです。そりゃあ、せっかく神社に来たら横から参拝するよりも正面に立ちたいという気持ちもわからないではありません…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

伊勢神宮・御朱印の行列

平成最終日には伊勢神宮に参拝したワケですが。 驚いたのは人の多さ、とりわけ御朱印をいただこうとする行列に並んだ人の多さです。 終日観察していたワケではありませんが、平成最後の日付の御朱印をいただこうとする人の列は増える一方でした。最後尾で数時間待ちとかの声も聞こえ、コレクターの執念には驚かされます。 性格がひねくれていて皮肉な…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

平成最終日は伊勢神宮に

名古屋旅行3日目(初日は移動のみ、二日目が覚王山)は伊勢神宮へお参りです。この日も雨で、前の日に買ったコンビニエンスストアの長い傘が役に立ちました。 名古屋から伊勢神宮に行くには、近鉄で伊勢市駅まで。宇治山田駅でもよいけど徒歩で行くなら伊勢市駅が近いのでお薦めです。駅前からどうやって行くかは、駅を出ると参道があるので一目瞭然。迷う…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

覚王山でひつまぶし、じゃなくてひまつぶしにカメラをいじる

四代目菊川覚王山店でひつまぶしを食べた後、奥さんと娘が近くのお菓子屋さんでお土産を買い物中に、ハンサムで上品な中年紳士は外で待っていました。スイーツのお店は男子禁制というワケではなく、二枚目過ぎていれてもらえないのでもなく。非常に混んでいたので、遠慮したまでです。 外で待っている時、ちょっとひつまぶしに、もとい、ひまつぶしに写した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名古屋でひつまぶしを食べるなら四代目菊川覚王山店

名古屋に行ったら是非とも食べたいのが、鰻のひつまぶし。 ところがガイドブックに載っているような有名店はどこも混んでいます。名鉄百貨店にある「○や」なんて、ある日の夕食時は120分待ち。十連休中のある日には、ざっと50人くらいが店外に並んでいたですよ! その点、中心部から離れたお店なら空いています。そこで覚王山で、かねてより娘が目…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名古屋ではちょっと洒落た街・覚王山

名古屋というと泥臭い、垢抜けない、大きな田舎町のイメージがあります。少なくともハンサムで上品な中年紳士はそう思っていました。大学受験で初めて名古屋を訪れた18歳のころからです。 シカシナガラ、なかなかどうして。南山大学外国語学部を目指した紅顔の美少年が英単語のスペルも危うい頽齢の貴公子になる年月の間、名古屋は変貌しておりました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名古屋旅行から帰着しました

家の用事で名古屋に行ってきました。 夫婦で四泊五日の長旅で色々とブログネタができたのは幸いです。 長々した文章を読むのが好きだという方もおられるようですが、細々と区切って書いていきます。 ちなみに2019年4月29日(月・祭日)の名古屋は曇天。天を突くような駅前の高層ビル群も、やや勢いを失って見えます。いっそ霞んで見えたほ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名古屋で路上観察して見つけたのは

名古屋のマンホール蓋の意匠のひとつ。幾何学模様かと思ったけど、よくよく見れば昆虫っぽい。 そう思ってさらに見つめていたら、どうやらアメンボらしいです。 6本の脚のうち、4本だけ波紋を生じています。観察細かいなあ~。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

オカマクラミキサーのお土産

オカマクラミキサー、自分用のお土産たちです。 まずは、江ノ電キーホルダー。 各駅のものがあったのですが、ここはやはり「最後から二番目の恋」にちなんで「極楽寺」を選びました。 手ごろですし、思い出としてもヨイ雰囲気です。 次は拾い物のお土産です。 まずは海岸で拾った貝殻。 本当は、材木座海岸でサクラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オカマクラミキサー(12)

オカマクラミキサー最終日、ホテルをチェックアウトして江ノ電で七里ヶ浜から鎌倉へ。 荷物をコインロッカーに預けて北鎌倉に向かいました。 北鎌倉では円覚寺を訪れましたが、この日もずーっと雨でした。 ただ雨だとはいえ、土砂降りではないので傘をさして境内をまわることは十分に可能。雨に濡れた寺には、また独特の趣がありました。 境内…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オカマクラミキサー(11)

江ノ島、極楽寺周辺と足を伸ばした晩は、カレーライスで締めました。 キャラウェイというカレー屋さんです。 普通盛りが、一般常識から著しく解離しています。なんとご飯が550グラム! 運動部の高校生が合宿で食べるカレーじゃないんだから! しかも、この超大盛りで(店側としては普通と思っているらしいが)、760円くらいなんです! しかも…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

オカマクラミキサー(10)

オカマクラミキサー二日目、江ノ島観光を終えて、江ノ電で再び鎌倉市内に戻ります。 この日は一日乗り放題の「のりおりくん」を使ったこともあり、「極楽寺」駅で途中下車しました。 「極楽寺」駅は、「主人公の最寄り駅」、としてドラマなどでよく使われます。ハンサムで上品な中年紳士としては、小泉今日子が主演した「最後から二番目の恋」での登場が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オカマクラミキサー(9)

鎌倉に来たら江ノ電に乗り、江ノ電に乗ったら江ノ島に行かなくては! というワケではありませんが、奇跡的に雨が上がったオカマクラミキサー中日、江ノ島に行きました。 江ノ島の山頂に上るには「エスカー」を使う予定でしたが、ついつい石段を登ってしまい歩いててっぺんまでたどり着いてしまったです。 神社や植物園、展望台など見どころが多く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オカマクラミキサー(8)

オカマクラミキサー、鎌倉旅行第一日目は終日、雨に降られました。定期観光バスしずか号で名刹旧跡を巡ったのは幸いでした。 さて二日目、ホテルの窓から外を見ると、眼前の海も見えないほどの雨でした。 当初の計画では、午前中は江ノ島、午後からは極楽寺から長谷へ歩く予定でしたが、どうもムズカシソウ。 なのでホテルでゆっくり朝食を取り、朝ド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オカマクラミキサー(7)

ミルクホールを出た後は、小町通りや若宮大路を歩いてお土産を買いました。 紅谷の「クルミッ子」は外せません! さて、お土産を買ってホテルに移動する段になって、 ・雨が降っている ・夜になった ・荷物が多い ・初めての場所で土地勘がない などの理由で、鎌倉駅から最寄り駅(七里ヶ浜)まで行ってバスに乗るのをあきらめて、タクシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オカマクラミキサー(6)

鎌倉市内5箇所の名刹旧跡をめぐる定期遊覧バスしずか号は定刻の15:30よりも15分早く解散場所に戻りました。連休や土日など、混雑する時期には30分から1時間ほども遅れることがあるそうです。 確かに鎌倉市内の道は細く狭く曲がりくねっているため、バスが走るのに適しているとは言えません。 特に鎌倉宮に向かう道は「こんな道をバスで通って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more