アクセスカウンタ

電子作文で行こう!

プロフィール

ブログ名
電子作文で行こう!
ブログ紹介
デジタルで保存される文章を書くことを「電子作文」と呼びます。
パソコンだけでなく、Jornada720やポメラなどで書くことも含みます。

ワープロで書く、というよりも電子作文の方がスッキリするでしょ?
(「スピード仕事術」を改題しました)
zoom RSS

映画「君の名は。」を観てきた(ネタバレあります・高評価する遍)

2017/01/22 18:11
日本人にとって、2011年3月11日といえば、忘れられない日です。
もしも万が一、その日以前に、いや、その日の午前中にでもタイムスリップしたとしたら?

どんな人であってもやることはひとつでしょう。

昨年(2016年)から今年(2017年)にかけての話題作、「君の名は。」は、そういう気持ちを代弁する物語なのかと思いました。細かな点にいちゃもんや苦情を言う記事も書きましたが、主題はそこにあったのかなと思う。



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


映画「君の名は。」を観てきた(ネタバレあります・いちゃもん遍)

2017/01/22 18:09
昨年(2016年)から今年(2017年)にかけての話題作、「君の名は。」を観てきました。
面白い映画でしたが、巷間で絶賛するほどの名作かしら? というのが感想。

以下、いちゃもん、または苦情です。

・全編通して音楽がウルサイなーと思った。
映画館で映画を観ることが少ないので余計にそう感じたのかも知れませんが。
音楽とか音が、というよりも「歌」がウルサイ。
オープニングとエンディングくらいは許せるとしても、クライマックスシーンとか劇中で歌を流すなよ、と申し上げたい。
考え事をしようと入ったカフェの臨席で、人の噂話をしているのが気になるような落ちつかなさを感じてしまうではないか!

・山の高さに疑問
ご神体が祀られている山頂だが、どう見ても2千メートル級の山である。
そんなところまで、けっこう簡単に登り降りしているのが気になってしまった。
「リアルじゃない」とかは言わないです。演出上、ストーリー構成上の理由もあるのでしょうが、ちょっと無理があるなあ。

・嵐の中を登山してはいけません
これも「非現実的」という苦情になってしまいそうですが。
嵐の中で山に登ってはいけないです。というよりも登れないでしょう。
2千メートル級の山で豪雨にあったら、夏でも凍死するよ?
演出のためとは分かりますが、無理に主人公を苦しめなくてもいいのに。

他にも、町が消滅するほどの隕石落下なんだから、湖の対岸に避難してもダメだろうとか、突然、タイムスリップとか激甚災害とか出てきてビックリとか、どう観ればいいのか戸惑うコトが多かった。

余計なことを考えないで、素直に楽しめばよかったのかな?
そうできない面倒臭い性格なんです。


記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


TomboメモデータをLinuxで作る方法

2017/01/22 16:55
ブログのネタや投稿、公募案件のアイデアを書き留めるのに使っているアプリケーションソフトウエアは、Tombo 。
Linux + Wine で動かせますが、新規ファイルを作ると文字コードが合わなくて文字化けします。
これまでに検証したところ、新規ファイル作成し、元からあるファイル(日本語文字列を含む)をコピーし、新規ファイルにペーストしてやると、Linux テキストエディタで変種しても文字化けしないようです。

ひな形のファイルをひとつ用意しておいて、それをコピーして新規ファイルに貼り付ける。そしてファイル名として扱われる一行目の文字を何かひとつ変更する。
日本語入力はできないので、英数半角文字、たとえば日付を変える、あるいは A、B、C または 01、02、03 などの連番を振ってやるなど。

Linux で Tombo を使わない人にはまったくどうでもよく、なおかつ意味不明な記事ですね−。




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


悩ましやTomboメモデータの連係

2017/01/21 17:32
ブログのネタや投稿、公募案件のアイデアを書き留めるのに使っているアプリケーションソフトウエアは、Tombo です。
Windows や WindowsCE 用が用意されています。
LifeTouch NOTE(Android 2.2)では「Kumagusu(くまぐす)」で連携出来ますが、Linux 用ではちょうどいいソフトウエアがありません。

WINE で Tombo を動かすことはできますから、書いたものは参照できますが、新規データの作成や編集はできません。いや、半角英数モードならば新しいメモを作れますが、日本語入力ができないのです。
かと言ってLinux のテキストエディタで書いたメモを貼り付けると、文字化けします。
文字コードが合わないんですよねー。(^_^;

さてさて、どうしたものか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


某新聞のラテ面にて掲載されました

2017/01/20 12:30
某新聞のラテ面にて、番組の感想文が採用、掲載されました。
ラテ面とは、ラジオ・テレビ番組を扱った面、の略です。

テレビじゃなくて、ラジオが先に来るのは歴史的な由来でしょう。
歴史的ってほどじゃないか、テレビよりラジオが先に世に出ただけか。
テレビのほうに比重を置いて、テラ面、っていうのも変ですし。

ちなみに感想文は、ドラマの感想を当たり障りなく書いただけ。
毒に薬にも中和剤にもならず、書いても書かなくても読んでも読まなくても一向差し支えないものです。

テレビ番組の感想なんて、それでいいんですね。
新聞社としても、酷評を掲載するワケにもいかないでしょうから。


記事へ驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4


Linuxディストリビューションマニアック

2017/01/19 13:01
Linux は無料で様々なディストリビューションを試すことができるので、ついついあれこれ物色してしまいがち。

先日も、Linux Bean というディストリビューションに手を出してみました。
もっとも、USB起動でのお試しのみですが。
インストール直後から日本語が使えるのはうれしいですね。

インターフェイスも何も違っているのですが、どこか Puppy Linux と似た雰囲気があるのは何故かしら?

SONY のVaio VGN-P70 で使っている Zorin OS も、「9」から「12」へ変えようかと思っていました。
でも「12」はかなり大きなシステムになってしまっているので、このままでいいかな。
変えるとしても「10」あたりかしら?


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


某地方都市幻想文学賞

2017/01/18 08:17
たった400字詰め原稿用紙十枚の短編とは言い条。
ひとつの物語をつむぐのはかなりのエネルギーが必要です。
ここのところ、雪かきや屋根の雪下ろしや雪の屋根おろしでヘトヘトのハンサムで上品な中年紳士に自ら鞭を打って、応募作を書き上げました。

最初は規定枚数の1.5倍、つまり15枚で出来上がりました。
それを削ったり切ったり貼ったり推敲したり因数分解したりしながら十枚に縮めました。
おかげで密度の濃い作品に仕上がった、のならヨイのですが。


記事へ驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2


続きを見る

トップへ

月別リンク

電子作文で行こう!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる