電子作文で行こう!

アクセスカウンタ

zoom RSS ポイントと値引きをお店の側から考えると

<<   作成日時 : 2012/03/07 07:00   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

「出来ればポイントはいらないから価格を下げて欲しい」
消費者の本音でしょう。
プチおたくさん、率直すぎる名言です。

ポイントは交換するために在る


さて消費者にとって嬉しい値引きよりも、ポイント制度の方が多いのは何故か。
お店(企業)の側から考えると、その理由が分かります。

企業の側から見たメリット
・ポイントを失効させる客もいる
・ポイントが貯まらず交換できない客もいる
・ポイントにしておけば支払を遅延できる
・ポイントが貯まるまで客がリピーターとなる

ポイントというものを、企業がどう経理処理するのか詳しくは知りませんが。
ポイントを買い物に充当したり、サービスと交換する以上、金銭的負担があるはず。

客がポイントを行使しない限り、実際の支出にはならない。
しかし債務として存在する、と考えてみます。

そう考えると、失効したポイントは面責された債務と考えられます。

ポイントが貯まらない場合は、債務の履行を先延ばしすることになる。
その間、支出されないお金は別のことに使うことができる。

するとポイント制度は、取引の際に値引きするより金銭的負担を先延ばしする仕組みだと思えます。

またポイントが貯めようとする客がリピーターとなるので、囲い込み戦略にも有効。

企業側のデメリットとしては、ポイントカードの発行や管理に費用がかかる。
しかし、享受するメリットの方が大きいのでしょう。
でなければ、こんなにポイントカード制度が普及するはずはありませんから。

以上はオイラの勝手な考えで、実際の運用や経理処理などは存じません。
実態は全然違うゾ、ということをご存じの方がいらっしゃったら、教えて下さいね。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ポイント=現金(もしくは順ずる物)になる場合
まあ納得は出来るんですがポイント=景品交換と
なりますと「ポイント含めて毟り取られた」感が
否めません。それに引換えクレカ利用による
ポイント制ってのは、現金で支払うよりポイント分
だけお得になると言う、いったい誰が得をするのか?
よく理解できないシステムではあります。
プチおたく
2012/03/07 08:12
プチおたく さん、コメントありがとうございます。
確かに景品交換の場合は、原資として毟り取られた感が強いかも知れませんね。
だからといって、たいして欲しくもない景品を貰ってもゴミになるだけだし。
(^^;
クレジットカードの利用となると、さっぱり分かりませんね。クワバラクワバラ。
おなら出ちゃっ太
2012/03/07 17:06
同感です!
年々クレカによる支払い率が高まっています。ポイントが商品券で自動的に送られてくるんですよ。
どなたか、コメント楽しみにしています。
とりーち
2012/03/07 21:31
とりーち さん、コメントありがとうございます。
そうなんですが、クレジットカード利用はお得がてんこ盛りなんですね。どうもカードは馴染めなくて。
使いすぎちゃいそうでコワイです。
σ(^^;
おなら出ちゃっ太
2012/03/08 17:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
ポイントと値引きをお店の側から考えると 電子作文で行こう!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる