電子作文で行こう!

アクセスカウンタ

zoom RSS 近所の野球部員くん

<<   作成日時 : 2012/04/21 00:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

朝の出勤時、たまにすれ違う高校生が気に入ってます。
今時珍しいお下げ髪に長い睫に縁取られた大きな目をしたセーラー服の男子柔道部員、ではなくて。

小樽S産高校の野球部員らしい高校生君です。
野球部らしいジャガイモ顔をしているのもヨイのですが。

朝、帽子をとって「おはようございます」と挨拶をしてくれます。
それも昔のスパルタ特訓式発生法みたいな、破れかぶれの絶叫風でありません。
はっきりと、きれいに「おはようございます」と来る。

しかもこの高校生、まったく面識がない人なのですよ、お互いに。
知らない人とオハナシしちゃいけません!と育てられた子どもも、知らない貴公子に挨拶ができる立派な高校生に育ったのです。

皮肉に考えれば、部の指導か何かで近所の人への挨拶を義務づけられているだけ、かも知れない。
形だけの挨拶、かも知れない。

しかし形から入るということもあるし、形だけでもキチンと出来るのは立派です。
挨拶の型すら修得できてない社会人がいるというのに。

挨拶をされれば、こちらも挨拶を返しますし、今日はこっちから先に挨拶してやれ、というイタズラ心も起きて、ちょっと楽しい。
朝から楽しい気分をプレゼントしてくれる野球部小僧に、ここは素直に感謝するべきですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
出ちゃっ太さん、どうもです。
なかなか気持ちの良いエピソードですな。
挨拶というのは非常に大切でして、
「年齢、立場は関係なく、まず自分から挨拶」
というのを私も心がけております。
余談ですが、私の友人宅は某大組織の親分が近所に
住んでおりました。住みこみの若い衆が毎朝犬の
散歩をしているそうですが、出会うと必ず
「おはようございます」ときちんと挨拶をしてきた
そうです。おそらく「近所の方に出会ったら挨拶を
するように」と教育されていたようですが
友人はとても怖がっておりました(笑)

2012/04/21 17:59
 海さんのコメントに一人大笑いです。

 ところで今回の投稿について、私はちょっと意外な感じを持ちましたよ。出ちゃっ太さんはこうした形式から入ることに懐疑的な考えを持たれているのではと思っておりました。
 私は戦争を知らない子どもたち世代ですが、まだまだどこかに古臭さも併せ持った人間ですから、こうした形式的な作法から入って、それが内面的なものに通ずると信じている人間ですが…。現に、出ちゃっ太さんもどこかで心の交流を楽しんでおられるようですしね。
 出ちゃっ太さんがこのような高校生の姿に共感しておられることに“共感”しましたよ。
田舎おじさん
2012/04/22 00:21
海さん>>

コメントありがとうございます。
きちんとした挨拶をされて肝を冷やすという得難い体験ですね。
極道モノの本が大好きな海さんにとっては、うらやましいエピソードなのでは?


田舎おじさん様>>

若い頃は、形式的な挨拶など無駄だと思っていましたが、年をとって考えが変わったようです。
形式的でもなんでも、やらないよりはマシですし、形が中身を作るということもある訳ですから。


おなら出ちゃっ太
2012/04/23 15:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
近所の野球部員くん 電子作文で行こう!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる