電子作文で行こう!

アクセスカウンタ

zoom RSS くるぶしにヒメサクラコガネと思いきや

<<   作成日時 : 2013/12/04 07:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

仕事をしている時、足首に痛痒い感覚が走っているのに気づきました。
靴下をめくってくるぶしのあたりをみると、ヒメサクラコガネというコガネムシがしがみついてました。
季節外れのコガネムシだなあ、と珍しがってよくみると、触覚もなければ脚もありません。

よく見ると水ぶくれでした。
11月の半ばくらいに真冬並みに冷え込む時期があり、湯たんぽを使っていたら、寝ている間にうっかり、低温やけどをしてしまったのです。それが見事な水ぶくれに成長していたのでした。

大きさといい形といいヒメサクラコガネというコガネムシにそっくりで、スリッパか靴下の中で幼虫が育っていたのかと不思議だったのですが、水ぶくれなら得心がいくというもの。嬉しくはないけれども。

やむなく病院に行って診ていただくと、「これは見事にこんがり焼けたねえ」とのことです。ステーキでいえばウエルダン。皮膚が完全に焼けた状態で完治には時間がかかるよ、と嬉しそうにいわれてしまいました。

先生は六十くらいの方ですが、「湯たんぽなんて使ってるの? 男の癖に? まだ若いのに?」と問い詰められてしまいました。もう五十一という頽齢の貴公子ですといっても、「まだまだ若いでしょう!」と否定されてしまいました。貴公子という点を否定しないところに、先生の目の確かさが現れています。

先生は水ぶくれに針を刺してつぶしてくれました。
刺す瞬間、「それは痛いのでしょうか?」と聞きたかったのですが、いい歳をしたハンサムで上品な中年紳士が子どものように怖がる訳にはいきません。ハンサムで上品な中年紳士というのも辛いものです。特にやけどの治療の際には。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
先生の目の確かさ、って…。朝から爆笑させていただきました。ありがとうございます。
murakami
2013/12/04 08:47
murakami さん>>
コメントありがとうございます。
目の確かな先生でヨカッタです。
塗り薬も「ハンサムで上品な中年紳士用」に違いありません。
おなら出ちゃっ太
2013/12/05 17:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
くるぶしにヒメサクラコガネと思いきや 電子作文で行こう!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる