電子作文で行こう!

アクセスカウンタ

zoom RSS 昔のプラモデルは動かして遊べたのだが今は高嶺の花なのだ!

<<   作成日時 : 2014/09/24 07:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

いつも拝読しているブログに、大昔の古いプラモデルを組み立てて動かしているオジサンのブログがあります。「動かしている」というのがポイントで、モーターとかゼンマイで走ったり飛んだりはねたりミサイルを発射したりするプラモデルが専門なのです。
頃日のプラモデルは飾って楽しむタイプが多いのですが、昔のプラモデルはモーターやゼンマイが組み込まれており動かして遊ぶものが多かった。

さて、金曜深夜の「探偵ナイトスクープ」という番組に、そのブログの管理人さんが登場しました。
「管理人さん」と呼ばずに、そのサイト名を出してハンドルネームで紹介してもいいのですが、勝手にリンクを貼るのもはばかられますので。

大昔のロボットプラモデルを購入したものの、バラバラに分解してしまい、構造が複雑すぎて動かすことできずに悩む男性の依頼を受けて再生するプロジェクトです。


9時間もかけて完成品に仕上げた熱意と技術には目を見張りました。
もちろんテレビでは数分に短縮されていましたが。
動くようになったロボットプラモを、依頼人が動かしたときにうれしそうな顔、目の輝き!
それはまるで小さな子どもでしたね、冷静に観察しればただの中年オヤジなのですが。

修理した管理人さんも依頼主の男性も、実に活き活きとした表情も印象的でした。
大好きな趣味があって、それを存分に楽しんでいる人生を送っている人ならではでしょう。
ちょっとウラヤマシイですね。

ただし驚くべきことに、ロボットプラモ本体がネットオークション25万円、さらにその前に購入していたプラモデルの空き箱が50万円という常軌を逸した金銭感覚がまかり通る世界なのです。
そこには近づきたくありません。

近づきたくともフトコロが許しませんし、フトコロが許しても妻が絶対に許してくれません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
昔のプラモデルは動かして遊べたのだが今は高嶺の花なのだ! 電子作文で行こう!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる