電子作文で行こう!

アクセスカウンタ

zoom RSS もしもハンサムで上品だけど人見知りの紳士が寿司屋に行ったら

<<   作成日時 : 2015/05/13 08:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

いつもコメントを下さる旧友のあさぎさんが、魚べいに行きましたというブログ記事を書いています。

魚べいというのは、どうやらお寿司屋さんのようです。
ハンサムで上品な中年紳士は、ジンギスカン、鰻が好物ですが、お寿司も大好きです。
シカシナガラ。
お寿司屋さんのカウンター席で注文するのが苦手なのです。
シャイで照れ屋で恥ずかしがり屋で体裁屋でうぶで人見知りの貴公子には、お寿司屋さんに向かって「トロ」とか「ウニ」とか「ニラ」、「タマ」、「ポチ」などと注文するのが恥ずかしいノデス。

何がハズカシイのかというと、自分でもヨク分からなかったノデスガ、冷静に分析シテミルト、どうやら、注文したのに相手に聞こえていなかったラドウシヨウ、という心理ノヨウデス。

「マトン」と頼んだのに、いつまでもマトンの寿司がデテコナイ。
「ラム」と頼んでもデテコナイ。無視サレチャッタ…、ウウウ、ハンサムで上品でも存在感がないんだなあ、ここにいることすら気づかれていイナイノカシラ、このまま、お勘定シナイデ、帰っちゃおうカシラ?

それなら、大きな声を出せばいいのだけど、それがハズカシイというか、テレクサイのです。

そうか、突き詰めて考えると、注文が聞こえなかったらという不安よりも、声を出すのことに抵抗感があるのだな。そういえば、カラオケも大嫌いだし、応援団とかいって大声出すのも大嫌いだ。
アルバイトでトラックを誘導するときとか、「オーライ、オーライ」とか大きな声を出すのも苦手だった。

声に自信がないのかしら?
顔には充分に自信があるのですが。

あさぎ氏のブログによると、魚べいでは、タッチパネルを使って注文できるそうです。
やっぱり声を出すのに抵抗がある人が多いのでしょうね。
いや、単に受注ミスの防止とか、会計をしやすくするためかしら?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
最近は、回転寿司屋さんでも回転しているターン
に乗っているお寿司を取らずに、カウンター内に
いる店員さんに直接注文するお客が多いようです。
注文するのが苦手な私は、まず
1店員さんを呼ぶのが苦手
2店員さんに気付かれない
3大きな声を出すのが嫌い
4注文した内容を他人に聞かれたくない
など、出ちゃっ太さんと同じような理由で
注文するのは得意ではありません。

あさぎ
2015/05/13 08:58
あさぎ さん>>
コメントありがとうございます。
さすがに注文を人に聞かれることに抵抗はないけども、店員さんを呼ぶとかは確かに苦手ですね。
なんて言えばいいんダロ?
「すいませーん」
「あのー」
「たのもう!」(道場破りか)
「ギャルソン!」(フランス人か)
「パンパン(手を叩く)」


おなら出ちゃっ太
2015/05/13 19:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
もしもハンサムで上品だけど人見知りの紳士が寿司屋に行ったら 電子作文で行こう!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる