電子作文で行こう!

アクセスカウンタ

zoom RSS ロクでもない友人たち(1)

<<   作成日時 : 2015/05/29 08:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

先日、にわかクリスチャンだった友人の悪口を書いてしまいましたが、別に悪い奴じゃなかった。
むしろ良い奴でしたよ。
ロクでないのは他にいます。たとえば、このブログを書いている人とか。

上述の友人は高校の同窓生です。
同窓生には優秀なのが多かったけど、変なのも少なからずいました。

H海道大学の水○学部に進んだTくんは、入学と同時に中古の自動車を買いました。
その中古具合がすごかった。

一度だけ乗せてもらった、というか無理矢理乗せられたのですが、助手席に座ったら、
「ドアの取っ手を持っていろ」と命じられました。
「なんで? 押さえてないとドアが開くのか?」
「めったにないけど、たまに開くことがあるからな」
おいおい、俺はドア押さえかよ? ひとりで乗っている時はどうしてたんだ?


初夏のころだったので暑くなり、窓を開けようとにしました。当然、パワーウィンドウではありません。
ハンドルを回すと、どうも手応えがありません。
「おい、勝手なことをするなよ。ネジが緩いんだから…」
「窓が開かないよ」
「だからネジが緩いんだって…、ああ、勝手にいじるから外れてる」
「窓は開かないのか?」
「うるさいな、窓くらい開くよ」彼はそう言って、拳でドアをドンと殴りつけました。
すると、窓ガラスがストンと落ちるように下がったのです。
「…しめる時はどうするの?」
「うるさいなあ、お前が暑いっていうから開けたんじゃないか、文句いうなよ」
そういう問題かなあ…。
ガラスの上端は飛び出していたから、それをつまんで持ち上げるのかなあ…。


後年、この話を家族にすると、
「そんなドリフのコントみたい車があるはずない!」ですって。
まあ、そう思うのが当然ですね。
でも、本当にあったんだあ!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 コンニチハ!
 昔の友だちや、先生のことを語ると、出ちゃっ太氏の後輩(?)であるタレントの大泉洋は天才的に面白いと私は思っていますが、それに勝るとも劣らない描写力ですね。
 件のTくんはいまどうしているのですかねぇ〜?
田舎おじさん
2015/05/30 23:59
田舎おじさん様>>
コメントありがとうございます。大泉氏と比べられたら、穴があったらどころか青函トンネル並みの穴を掘って奥深く隠れたくなるではありませんか!
Tはどうしているんでしょうね?テレビに似たのが出ていたのですが、よくみたら小樽水族館のトドでした。

おなら出ちゃっ太
2015/05/31 22:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
ロクでもない友人たち(1) 電子作文で行こう!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる