電子作文で行こう!

アクセスカウンタ

zoom RSS いじめたり【いじめられたり】第六話

<<   作成日時 : 2017/03/07 12:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

5年生のとき、突然始まった、ひとりの児童をターゲットにした異様なイジメ事件の続きです。

その児童なのですが、クラスの中心的なガキ大将の一人だったのです。

そのクラスには、ヤマダという野球部のキャッチャー以外に役割が見つからない外見の少年が大ボスでした。
その下に、シラカワ、サクライ、ノトダという幹部クラスがおり、その下にサイトウという猿そっくりのチンピラ風もしくはヤクザの鉄砲玉みたいな児童がいました。
以下、それぞれの実力に応じた序列がつけられていました。

イジメ事件のターゲットが、幹部のひとり、ノトダだったことに大いに驚かされました。
しかもこのイジメは、その後には、シラカワ、サクライ、サイトウらが順繰りにターゲットにされていきました。おそらく、大ボスのヤマダの気分ひとつで事態が動いたと思われますが、真相は不明です。

何しろ、いくら将来はハンサムで上品な中年紳士で頭がハゲることが約束されていたとは言い条、そのころはただの美少年であり、クラスのガキ大将幹部には加わっていませんでしたから。
何しろ、転校生ですからね。ずーっと、「よそ者」とか「新入り」とか言われてました。

大ボスのヤマダは、話してみると気の良いヤツだったのですが、もしかしたら、クラスの統率上、誰かをイジメターゲットにして、一致団結させるというテクニックだったのかもしれません。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ヤマダにはそういう意味があったのですね。
自分の幹部をターゲットにするってやっぱり
意味がわからないなぁ。こういう奴はそのうち
自分がターゲットになったりするんだよ。
トベリン
2017/03/13 11:23
トベリン さん>>
コメントありがとうございます。
ヤマダは最後までボスだったよ。
ただし卒業のころは、だいぶ丸くなって上品な美少年とも仲良くなった。
まあ、突如激昂して胸倉つかまれたりもあったか。その時ははずみで引き戸(教室の入り口)のガラスを割ったりしたなー。
中学入学後は、むしろこちらに一目置くような態度も見せた。
よくわからないが、彼の中で何かが変わったのだろう。

おなら出ちゃっ太
2017/03/13 19:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
いじめたり【いじめられたり】第六話 電子作文で行こう!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる