電子作文で行こう!

アクセスカウンタ

zoom RSS いじめたりいじめられたり第四話

<<   作成日時 : 2017/03/05 11:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

小学二年生になるタイミングで転校したのは、北海道の田舎町でした。
当時すでに鉄道は通っておらず、かなり辺鄙な場所。人間よりもカラスのほうが多いんじゃないか、というくらいにカラスが空を覆うように飛んだりする漁港の町でした。

王子製紙がある都会から転校して来た子どもなんて、ずいぶんいじめられたんじゃないかと、想像される方もいらっしゃるかも。
ですが、時々、ケンカすることはあっても、集団でのいじめ、ということはなかったと思います。
集団の連係プレーでいじめをするほど、文明が発達していなかったのかも知れません。

たぶん実際には、よそ者でありいじめるにも値しない、と思われていたような気もします。
それほど親しい友達がいた、という記憶もないし。

なにしろ一番仲良くしていたのは、近所のお寺に飼われていた雑種の犬です。
当時、その町で大半の犬が放し飼いでしたので、気が向くと呼ぶんです。
すると一直線に飛んでくる犬は誰よりも仲のよい友達でした。
その友達も、二年目の冬に死んじゃいましたけどね。

19歳になって、自分の家で犬を飼い始めるまで、あんな素晴らしい友達ができたことはありません。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
出ちゃっ太さん、どうもです。
いじめシリーズ、なかなか興味深く
拝見しております。
私自身、いじめたりいじめられたりした
経験は大筋ではないです。
今現在は社内では先輩後輩関係なく
「いじられる」キャラになってますが(笑)
ただ、一つだけ、今でも忘れない、
いじめられた記憶があります。
これを機会に、私も記事にしてみます。
しかしいまだに、あの時の事を
はっきり覚えてるのは自分でも
驚きです。いじめた人間は忘れるが
いじめられた人間は忘れない、というのは
本当ですね。

2017/03/05 11:40
海 さん>>
コメントありがとうございます。
いじめのご経験がなくて重畳、と思ったらあったのですね。思い出しちゃっ太?
(^_^;
いじめた人間は忘れたり、そもそもいじめたという認識がなかった( ふざけていただけ、遊んでいただけなど )と言い訳したり、その言い訳を自分で本気にしたりするから始末が悪いんですよねー。
おなら出ちゃっ太
2017/03/05 16:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
いじめたりいじめられたり第四話 電子作文で行こう!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる