電子作文で行こう!

アクセスカウンタ

zoom RSS 目の中で光る歯車がグルグル回ったので病院に行ったトコロ

<<   作成日時 : 2017/05/17 21:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

目の中でキラキラ光る歯車が現れた後、頭痛に悩まされたハンサムで上品な中年紳士はかかりつけの眼科を受診しました。

視力検査、握力検査、懐具合の検査(診療代を踏み倒されないか心配だったらしい)の後、先生の診察を受けました。この先生、眼科医というよりはラグビーの選手みたいな人でした。最近は年齢相応に老けてきましたが、上品さや気品の点ではハンサムで上品な中年紳士の勝ちです。
もちろん医学知識は先生のほうが上ですけれども。でなければ受診しません。

先生は看護師さんに対し、
「アムスラーチャートはやった? まだ? じゃ、持ってきて」と命じました。
(何かな?)と思っていると、先生が受け取ったのは碁盤の目が印刷された紙です。
中央の点を左右の目で見て、歪んで見えたり中心が見えなかったりしないか、と尋ねられました。ちゃんと見えたのでそう伝えると、
「加齢黄班変性ではない」といわれました。

それじゃあ、ということで眼底検査。
ご存知のように、目薬で瞳孔を開いて網膜を診る検査です。
何度かに分けて点眼薬を挿したあと、暗い部屋で検査が始まりました。

この検査が苦しかった。
ただでさえ瞳孔を開いてまぶしいのに、強烈なライトを目にあてたまま、正面、上下左右を見ろといわれるのです。しかも目をつぶることは許されません。
「目をつぶったら殺す」と脅されたワケではありませんが、検査の様子を見れば目を閉じてはいけないことは明らかです。

強い光に、だんだん心臓が苦しくなるような気がしました。
(目が治っても心臓が悪くなったらどうしよう?)とか、
(こういう拷問があったらきついな。ただ拷問する側で、目を閉じないようにさせるのが難しいかも知れないな)など考えているうちに検査は終わりました。

その結果、眼底を含めた目の玉には異常がないことが分かりました。
眼底に傷などはなく、眼底までハンサムであることが医学的に証明されたワケです。

そしてキラキラ光る歯車と頭痛の原因は、「閃輝暗点」という症状だと言われました。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 それはそれはご愁傷さまです。
 体に異常があると、それまで健康体であった人は、異常に気になるものですよね。
 いっときも早く原因を突き止められ、回復されることをお祈りします。
 かくいう私も、数日前から膝に違和感を感じはじめ、これから登山やフットパスのシーズンになるというのに気が滅入っています。
 出ちゃっ太さんと私では年代が違いすぎますが、お互い体の経年劣化が始まっているんでしょうか?
 あの〜、出ちゃっ太さんと私を同列に扱うということでは決してありませんので、悪しからず…。
田舎おじさん
2017/05/18 19:03
田舎おじさん様>>
コメントありがとうございます。
私も数年前、膝痛に悩まされました。そのときは、すがる思いでグルコサミンの錠剤を半年ほど飲みました。その甲斐があってか、今はほとんど痛むことはありません。

田舎おじさん様は、私が30代のときと同様かそれ以上にお元気だと思います。

おなら出ちゃっ太
2017/05/18 23:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
目の中で光る歯車がグルグル回ったので病院に行ったトコロ 電子作文で行こう!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる