アクセスカウンタ

電子作文で行こう!

プロフィール

ブログ名
電子作文で行こう!
ブログ紹介
デジタルで保存される文章を書くことを「電子作文」と呼びます。
パソコンだけでなく、Jornada720やポメラなどで書くことも含みます。

ワープロで書く、というよりも電子作文の方がスッキリするでしょ?
(「スピード仕事術」を改題しました)
zoom RSS

スーツを買いに・その3

2018/09/19 12:27
バイパス手術後に貧相さを増した体型に合わせたスーツを買いに行きました。
紳士服のア○キで、2着セールで3万円を求めたものの予算に見合うスーツは1点しかありません。
もう一着をどうするか、悩んでいるところに奥さんが登場。

あれこれ試着しましたが、やはり光沢のある生地は似合わない。光るのは頭だけにしておけ、というのは奥さんも同意見。
そしてストライプが鮮明すぎる生地もダメ。
どう見ても貧相で信用されない詐欺師にしか見えないから。
まあ信用されない詐欺師というのは、無害な詐欺師とも言えますが、スーツの選択肢としては論外です。

最終的に、2万9千円のが黒っぽい青、万年筆のインクならブルーブラックだったので、もう一着はあまり明るすぎないグレー系を選びました。5万9千円です。
このスーツ、高いだけあって、フランスのナントカカントカコレクションのデザイナーがデザインしたものでウンチャラカンチャラと説明がありました。ようするにイカしたスーツなのです。
その分、値段も高いのは仕方ありません。よいものには、それなりの対価がかかります。

もっとも2着セール対象品なので、それぞれの代金の合計を2で割ったものが代金として適用されます。

すると、
2万9千円と5万9千円=8万8千円
8万8千円÷2=4万4千円
これにズボンの裾直し工賃や、補強布工賃が加わります。さらにワイシャツを3枚買ったので、合計6万6千円ほどになりました。ちなみに税込みです。

後は太らないようにすることが大切ですね。
半年くらいで元通りに太ったら、このスーツが無駄になってしまいます。
そうなったら、奥さんにすごく怒られることは火を見るよりも明らか。
間食は厳に戒めなければ!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


スーツを買いに・その2

2018/09/18 12:32
腹囲が7センチも細くなったのでスーツを買いに行きました。
応対してくれたベテランらしい女性店員さんは、自分が着ているスーツのサイズすら分からないオトボケな中年紳士に、
「身長とウエストは分かりますか?」と尋ねました。
もう少しボンヤリしていると、年齢と住所、名前も聞かれるのかも知れません。性別はいいのかしら?
身長175センチ、先日の健康診断で測定した腹囲75センチを申告。
ま、自己申告は当てにならないので念のためメジャでウエストサイズを確認してもらいました。

「Y6くらいでしょうか」とつぶやいて、そのサイズのスーツが吊された一画に導いてくれました。
何がYで何がZなのか分かりませんでしたが、後で調べたら細身体型がY体、標準体型がA体だそうです。
前はAだったけど、貧相になってYに昇格または降格したのですね。

病気をして痩せたことと、ズボンだけでなく上着も合わなくなったことを伝えると、納得の説明が返ってきました。痩せるときはウエストだけでなく、肩まわりも含めた全身の肉が落ちるので、上着も肩の部分が下がって裾が長く感じられたりするそうです。知らなかったなあ。というか、聞けば納得です。

どんな柄にしようか吊された中から選びました。選んでいるうちにわかったことは、以下の2点です。
(1)あまり光沢が強い生地は似合わない。テカテカしているのは頭だけで十分
(2)ストライプがくっきりした生地のスーツを着ると貧相な詐欺師に見える

ちなみに2着セールで3万円くらいのを探していたのですが、一着は2万9千円のがありました。
もう一着が適当なのがなく、困っているところに奥さんがやってきました。別の店で用事を済ませてから来てくれたのです。スーツのような高額かつセンスが問われる買い物は、奥さん抜きでは成り立ちません。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


スーツを買いに

2018/09/17 13:48
先日の健康診断に関するブログ記事にも書きました通り、腹囲が7センチも細くなっています。
すべて心臓冠動脈バイパス手術の影響であります。なのかな?
何度も書くようですが、バイパス手術の際に腹まわりの脂肪吸引オプションをつけたワケではありません。間食をしなくなったのが主たる要因でしょう。

原因はともかく、腹囲、つまりウエストが7センチも細くなると履いていたズボンはブカブカです。ベルトで締めて履いていると、余った部分がギュッと寄ってしまって貧相さに拍車をかけてくれます。
それだけでなく、上着も身体に合わなくなっています。お父さんの背広を借りて着ている子供というか、スーツを盗んできているハンサムなこそ泥のような風情です。

仕方なく、スーツを買うことにしました。紳士服のア○キで2着セールで3万円くらいのを、と思って出かけていきました。

応対してくれた店員さんはベテランっぽい女性でした。
「サイズはどれくらいですか?」
と聞かれたのですが、自分のことながら、
「さあ……」としか答えられません。洋服のサイズなんて覚えてませんって。
普通は覚えてないでしょ?

え? 普通は覚えているの?




記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


マリネラ国民の証です

2018/09/16 10:23
常春の国、マリネラに国民登録をしました。その後はどういう優遇措置があるのかなあ、と思っていたら。先般メールが来て、ツイッター用アイコンをいただきました。
マリネラナンバーMC801001〜MC805000までの4,000名限定アイコンです!

画像


マリネラ国民になりたい方は、『マリネラ国民になろう!』のサイトへアクセス!

メールの末尾には、
> マリネラ王国とパタリロ殿下の御為に、皆さまの一層のご協力に期待いたします。
> 今後ともよろしくお願いいたします。

言葉は丁寧だけど、パタリロ殿下が何かしてくださるのではなく、殿下のために国民が何かしなくてはいけないようです。ニクソン大統領の演説を思いだしますね。思いだしましたか?

画像


「思いだした」という人は嘘つきですね。
ニクソンじゃなくてケネディ大統領です。


記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


平成30年北海道胆振東部地震と大規模停電・プチ被災地の家族の風景

2018/09/15 12:17
2018年9月6日午前3時6分に発生した平成30年北海道胆振東部地震により、北海道のほぼ全域が停電。
テレビ観られずゲーム機も動かず、子どもさんがいる家では退屈の虫をおさえるのに苦労されたのではないでしょうか?

知人からは「家族でゲームをした」、というオハナシを聞きました。もちろん電気を使うゲーム機ではありません。真っ暗なトイレにひとりで行けるか?という罰ゲームでもありません(たぶん)。

高校生くらいの子どもがいる家はマージャン、もっと小さいお子さんがいる家庭では子ども用マージャンゲームで楽しんだそうです。マージャンをやらない家庭ではトランプでもしたのかしら?

こういうときだからこそ、家族が寄り添ってひとつのことに興じるのがいいですね。
避難所などでも、こういうレクレーションがあると気持ちが和むのではないかしら?
実際、子どもを対象にした遊び場を用意した避難所もあると聞きます。
大人にも気晴らしの場があると、避難生活に潤いができるのではないかしら?

もちろん甚大で深刻な被害が生じている地域の避難所では難しいかもしれませんが。
それから、マージャンをする場合も賭けるのは現金、いや厳禁ということで。
現金賭けたらアウトでしょ!


記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


平成30年北海道胆振東部地震と大規模停電・単4電池は売り切れにくい(かもしれない)

2018/09/14 12:19
2018年9月6日午前3時6分に発生した平成30年北海道胆振東部地震により、北海道のほぼ全域が停電。
その影響でコンビニエンスストアの棚から乾電池が消えるという事態も出来しました。

乾電池専門の泥棒が流行ったのではなく、乾電池を食べる妖怪が跋扈したワケでもありません。懐中電灯や携帯ラジオに使うために乾電池を買う人が殺到したのです。

中でも品薄になったのが単3電池でした。一番メジャな電池ですからね。
その一方で、単4電池は以外に残っていたようです。ま、ハンサムで上品な中年紳士が実見した範囲内でのことではありますが。

今後、懐中電灯や携帯ラジオを購入する際は、単3ではなく単4電池対応の製品を買ったほうがヨイかもしれません。
「単4だとすぐに電池がなくなるのでは?」というご心配もありましょう。
確かに電池容量は、単4は単3の4割程度というデータもあるようです。

とは言い条、最近の懐中電灯はLEDで電池の消費は少ないですし、ラジオなんてさらに消費が少ないです。
その上、電池容量があってもいざという時に手に入りにくいのでは意味がありません。それならいっそ、売れ残っている可能性が高い電池を使うほうが安心じゃないかしら。

それでも心配なら、単3を使う懐中電灯と、単4を使う懐中電灯の二本立てで用意しておくとか。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


ネットオフの買取査定結果です!!

2018/09/14 12:18
ネットオフで本を売る、その第二弾として古本(ブックオフのシールが貼ってあるもの)を送りました。
手当たり次第に詰めたら86冊もあったそうです。

で、査定結果ですが。

←-------------------------------→
<査定結果>
お支払合計 433円
お客様送付点数 86冊・点
=============================
<査定明細>
■通常買取商品
・コミック 10点 45円
・書籍 42点 354円
-----------------------------
【小計】 52冊・点 399円
-----------------------------
■リサイクル買取商品(1円)
・書籍 34点 34円
←-------------------------------→

コミックは、久世番子さんの本屋さんシリーズ、みずしな孝之の「サボテンキャンパス」など。
書籍は…。忘れちゃっ太!
それで査定結果が、433円。
捨ててもいいと思っていた古本にしてはまあまあ、というところかしら?

半数近い34点がリサイクル買取、つまりは紙ゴミですな。
諸行無常という気もしますが、本棚がどんどん空いてすっきりしています。爽快です!

第三弾は司馬遼太郎のシリーズものを中心(まあこれもほとんどがブックオフで買ったのですが)に出します。
「竜馬がゆく」、「翔ぶが如く」などは愛読書ではありますが、二年に一度くらいしか読み返しません。いくらでも流通している本だし、図書館でも借りることができるので今週末に引き取りに来てもらいます。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

電子作文で行こう!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる