エクセル(Excel)で列を非表示にするならCtrl+0(ゼロ)が使えます~残念情報あり

エクセルのショートカットキーCtrl+9は、カレントセルのある行を行の選択なしで非表示にできるスグレモノ。

これと似たような働きをするショートカットキーに、Ctrl+0(数字のゼロ)があります。

※ショートカットキーの表現で使っている「+」は「~を押しながら~を押す」という意味です。
Ctrl+0とは、「Ctrlキーを押しながら、数字の0キーを押す」と読んでください。


Ctrl+0(数字のゼロ)、と書くのが面倒なので、Ctrl+ゼロと書きますね。
このショートカットキーは、カレントセルのある列を、列の選択なしで非表示にできます。

通常、列を非表示にするには列全体を選択してやる必要があります。
列全体の選択するには「列(を示すAとかAAなど)をクリックする」か、またはショートカットキーなら「Ctrl+スペース」。
そうしてから右クリックを使ったり、ショートカットキーならShift+F10でメニューを呼び出し「非表示」を選ぶ。ちょっと面倒な手順ですね。


トコロガシカシ。
ショートカットキーCtrl+ゼロは、列の選択をせずに、カレントセルのある列をすぐにワンタッチで非表示にできるというスグレモノ。

つまり例えばD列を非表示にしたいとき、選択されているセルがD7でもD10でもD1048576でも構わない。
D列でありさえすればいい。その状態でCtrl+ゼロとしてやれば、D列は非表示に変わります。

たいていの一覧表では、横軸(列)が項目で、縦軸(行)に個別データが入っていると思います。
一覧表の様々なデータのうち、例えばメンバーの生年月日のある列を非表示にしたいとか、商品の原価が入った列を隠して印刷したいといった場合に使えますね。
問題の項目がある列のセルに移動し、すばやく非表示にして印刷する、というときには便利なショートカットキーです。


ここまでは、前回ご紹介したCtrl+9の紹介文をなぞって書いてきてので楽でした。しかしここからは、そうはいかない。

再表示のためのショートカットキーで、ちょっとした重大な不具合が生じるからです。


今回、参考にしたのがやしへいのメモ帳(2019-03-18)Windows10で「Ctrl+Shift+0」が効かない件についてです。

Ctrl+ゼロに対する再表示のショートカットキーは、Shift+Ctrl+ゼロなのですが、Windows10ではこれが効かないという事象が確認されています。Windows10もエクセルも同じマイクロソフトの製品なのに、どうして不具合が生じるのか。
大きな会社ですし、開発部門もまったく別なので、時にはそういうこともあるのでしょう。苦情を言っても通じないだろうから、ここはサックリと諦めましょう。人間は諦めが肝心です。


虚心坦懐に、Ctrl+ゼロで非表示にした列を再表示の方法を述べます。

(1)非表示の列からセルが動いているかどうかは考えずに、
非表示にした列の左右の列を全選択して、※
右クリック、または、Shift+F10でメニューを呼び出して「再表示」を選びます。


(2)非表示の列からセルを動かしていない場合は、
Ctrl+スペースで列全体を選択して、
右クリック、または、Shift+F10でメニューを呼び出して「再表示」を選びます。


※E列を非表示にした場合は、D列を「D」をクリックしてF列の「F」までドラッグ、またはCtrl+スペースで選択する


シフトキーを活かしたトグル的な操作ができないのが残念なショートカットキーだなあ……。




エクセル(Excel)で行を非表示にするならCtrl+9がお手軽です!

最近知ったエクセルのショートカットキーは、Ctrl+9
カレントセルのある行を非表示にするショートカットキーです。

※ショートカットキーの表現で使っている「+」は「~を押しながら~を押す」という意味です。
Ctrl+9とは、「Ctrlキーを押しながら、数字の9キーを押す」と読んでください。

さて通常、行を非表示にするには行全体を選択してやる必要があります。
行全体の選択方法は、「行番号をクリックする」か、またはショートカットキーなら「Shift+スペース」です。
そうしてから右クリックを使ったり、ショートカットキーならShift+F10でメニューを呼び出し「非表示」を選ぶ。
ちょっと面倒な手順ですね。


トコロガシカシ。
ショートカットキーCtrl+9は、行の選択をせずに、カレントセルのある行をすぐにワンタッチで非表示にできるというスグレモノ。

つまり例えば7行目を非表示にしたいとき、選択されているセルがC7でもH7でもXFD7でも構わない。
7行目でありさえすればいい。その状態でCtrl+9としてやれば、7行目は非表示に変わります。


請求書や見積書を作成中、「急いで印刷して!」と言われても、印刷はしたくないけど今すぐには削除できない行があるんだよな、ってことはありませんか?
そういう時、問題の行をすばやく非表示にして印刷する、というときには便利なショートカットキーです。

さてさて、いったん非表示にしたものは再表示して元に戻さないといけません。
再表示の方法ですが、
(1)非表示行からセルを動かしていない場合は、
そのままShift+Ctrl+9としてやればOKです。

(2)非表示にした行からセルが動いてしまっている場合は、
非表示にした行の上下の行を選択してから、Shift+Ctrl+9としてやります。

(2)のオマケですが。
ショートカットキーCtrl+Gを使って、非表示にした行のセルにジャンプしてShift+Ctrl+9とするのが手早いです。ショートカットキーの連続技として覚えておいて損はしません。





一喜一憂などしない

新型コロナウィルス感染症について、「感染者数の増減に一喜一憂するのは馬鹿げている」という人が、たまにいますね。
その人は間違っています。
「一憂」することはあっても、「一喜」はないよ。


頽齢の身でも自信を深めることがありました

最近、ちょっと自信を回復する出来事が続きました。
人間は自分の間違いを認めたがらないもの。書類を提出していないのに、「俺は提出したよ、そっちでなくしたんじゃないの?」と鼻息を荒くする人が、よくいる。
だけど、そういう連中はあてにならないことがわかってきたからです。

元来が記憶力の悪い方で高校時代には英単語も歴史の年号も覚えられず、頃日ではエクセルVBAの書き方も書いた端から忘れてしまい、HTMLタグも覚えきれないので単語登録している。しかも頽齢の影響もあって物忘れが増え、温厚で控えめで礼儀正しく二枚目でいつも周囲から叱られている上品な紳士ですので、強く出られると弱い。

しかし、自信満々に「自分は提出しました」と断言する人間が後になって、
「ごめん、うちにあった。提出してなかった、テヘ!」ということが何度かあった。
「テヘ、じゃないよ!」と思いつつも、
「誰でも勘違いはあるからねー、とにかくあってよかったですよ」とニコヤカに応じていました。
内心では、自信たっぷりに主張するヤツほどあてにならない、という確信を強めつつ。


そしてさらに自信を強固にする出来事が起きたのです。

2年くらい前ですが、「(経費精算に必要な)領収書は提出した」、と言い張って譲らない社員の甘木氏がいました。
その人は社外で仕事をしていたので、領収書は確かに間違いなく確実にあやまたず、どこそこのポストに投函したんだ!と主張して譲らなかった。
それで郵便局に調査を依頼したり、経理部長宛に紛失の経緯を報告書を書いてお詫びをして再発防止策を講じます、という事件がありました。

で、2年経った先日、甘木社員から別件の郵便物が届いた。
開封して驚いた!
2年前に紛失したはずの領収書が同封されていたのです!!

早速、甘木社員に電話をして、
「2年前の領収書、やっぱり貴兄が持っていたのですね!」と尋ねると、
甘木社員は間の抜けた声で、
「え?なんのこと?」だと。
見つけて送ってくれたワケじゃないんだな。

どうやら甘木社員は、問題の領収書を封筒に入れたまま投函せずに、どこかに放置していたようなのです。
そして今回、別の書類を送付する際、たまたま「問題の領収書が入ったままの封筒」を見つけて使った、のが真相らしい。
なので2年前、あれほど「自分はちゃんと投函した!」という主張は勘違いだったワケだ。


そもそも他の人からは郵便でも提出物でもきちんと届いていて、ハンサムで貴族的な事務員がそれを受領してしかるべき処理をしているのですよ。
だったら届かないとか提出されていないという事象の原因は、男前の事務員の側にはないでしょう。
提出した側にあるはずです。確率的に考えてもそうでしょう!

年だから、二枚目だから、上品で控えめだからといって遠慮することはない!
おかげさまで、そう自信を深めた次第であります。


朴葵姫(パク・キュヒ)が奏でるギターの音色の秘密

先日、新聞を読んでいたらギタリストのパク・キュヒ(朴葵姫)のインタビュー記事が出ていました。
繊細で情感溢れる音色と演奏が魅力なのですが、記事を読んでその秘密の一端がわかりました。

普通、クラシックギターを弾く場合、右手の指で弦を「弾く(はじく)」と表現します。
その場合も、指の腹だけで弾く、爪を引っ掛けて弾く、弾いた指を宙でとめる、弾いた指を次の弦に当てるなど奏法の使い分けがあるのですが、朴葵姫はちょっと違った。
弦をはじくのではなく、弦の上に指の腹を滑らせる、のだとか。

なるほど、と思いましたね。
あの音色は指を滑らせた音なんだ。指の腹で弦をこすった音、に近いのかな?

パット・メセニーのピックの持ち方にも共通する、ピッキングの秘密、という気がする。
まあ、それがわかったところで自分の演奏に活かせるワケではありませんけれども。


とりあえず、朴葵姫の新譜が欲しくなりました。




今日は花まつりなのだけど

4月8日は花まつりなのですが、ほとんど話題になりませんね。
イエス・キリストの誕生日と言われる(諸説あります)クリスマスはあれほど盛大な行事なのに、おそらくはキリスト教徒でない人々も大騒ぎして浮かれるのに、花まつりはほぼ無視。

頃日ではハロウィーンにまで大騒ぎして浮かれる人が多いというのに、しかも浮かれポンチの90%はハロウィーンを仮装大会と間違えているのに、花まつりはほぼスルー。

「そういえば、東北4大祭りの中では地味なほうかな」と言ったあなた、それは花笠祭りです。

ちなみに毎年4月8日というのは、日本での便宜的なルールみたいですね。旧暦4月8日に合わせるとややこしいでしょうか。

ここまで書いても、花まつりがお釈迦様の誕生を祝う行事であると気づかなかった人、何人いるかなー?



もしかしたら中野信子氏もいじめられっ子だったのかな

20210322ijime.JPG


ヒトは「いじめ」をやめることはない。それは野生動物としてのヒトが生き残るための本能だったから。
そう言い切ってしまえば身も蓋もないのですが、本書ではヒトが「いじめ」をする脳のメカニズムや、その対策についても十分過ぎるほど言及されています。

特に学校現場での「いじめ」についてはかなりの紙幅を費やしております。
前回のご記事でも触れたように、


学校を休んで同じクラスの仲間という意識が薄まると、「いじめ」は起きにくくなる。だから「いじめ」を受けている児童生徒には、時間的空間的な距離をとる権利、つまり学校を休む権利を与えよ、と中野氏は主張していました。

これに対しては「学校でコミュニケーションを学ぶ機会が失われる」といった、キレイゴトに過ぎない反論がよくある。
だが中野氏は「生命の危険を犯してまで学ぶべきコミュニケーションなどない」とキッパリ言い切っています。

この一文を読んだ時、中野氏の潔さのようなものに感じ入りましたが、発言の背景にあるものは何か?
もしかしたら彼女自身も、子どものころに「いじめ」を受けていたのではないか、と思い至りました。

頭がよくてタフに見える彼女ですが、それはあくまで大人になっていくつもの著作を発表している今の姿です。子どもころは頭こそよかったけども、今のような脳科学や心理学の知見があるわけでもなく、対人関係の経験を積んだわけでもない。
ましてや公立の小学校だったりしたら、「頭が良すぎる女子」として周囲から浮いていたかもしれない。教師からは、子どもらしくない子として疎んじられていたかもしれない。

だとしたらこの本は、単にヒトという生き物の性を分析して対応策を述べたに留まらない、筆者の過去からの心の叫びなのかなあ、なんて思ったりして。
実際には全然違っていたりして。