来年(2019年)の手帳をカスタマイズしなくちゃなのだ!

ヤフオクを通じて購入した来年(2019年)の手帳・雑誌BE-PALの付録ダイアリは、今年からモデルチェンジされて、今年(2018年)まであった見開き2週間の予定表ページがなくなりました。
予定表としては使わないのですが、日々の記録、例えば朝晩測定している血圧の記録を残すのに最適なのが見開き2週間のページだったのです。

手前は、週間予定表がある今年(2018年)のダイアリ。奥に見えるのが、来年(2019年)のものです。週間予定表が単なるメモページに変更されています。

画像


マンスリーブロックと見開き2週間がある手帳を探して買おうかとも思いましたが、コクヨの測量野帳をベースにしたBE-PALダイアリの固い表紙になれると、くねくねした手帳は買う気がしません。

そこで、方眼を利用して線を引いて、2週間の見開き予定表ページを自作することを決意しました。


画像



線を引いてみたはいいが一番上を失敗。ぶれてしまいました!
一番上の線は、次からは1mmの太字ボールペンで引くことにします。


画像



7日分に区切ってみたのですが、一番下に余白行がない!
次ページからは、一番上の見出しを3行から2行に変更して、最下段の余白用に1行回します。


画像


何やら試行錯誤、という感じですが、最初にマス目と必要な行数をちゃんと数えなさい!
とバレットジャーナルな人たちに叱られそうですね。

この記事へのコメント

田舎おじさん
2018年12月18日 19:39
 手帳にこだわりを持たれている方は、いろいろとご苦労されるのですねぇ。やはり一週間の予定がいちどうに見ることができることはビジネスパーソンとしては欠かせぬ要件なのでしようね。
 そういえば、過日某講座で隣に座ったビジネスパーソンと思しき人が、手帳に書かれた予定表を眺めて、私から見るとうっとりとしていたように見えましたが…。うっとりではなく、うんざりだったのかな??
2018年12月19日 05:57
出ちゃっ太さん、どうもです。
田舎おじさん様のコメントに相乗り
しますが、究極の手帳術は予定を
無くしてスケジュール欄を白紙に
する事ですからね。
おそらく、うんざりされていたと
推察いたします(笑)
おなら出ちゃっ太
2018年12月19日 22:47
田舎おじさん 様>>
コメントありがとうございます。

ビジネスおやじさん、じゃなかったビジネスパーソン氏がうっとりねえ…。
うんざりかもしれませんが、「こんなに予定が入っていて充実したオレ!」ってうっとしていた可能性は大いにあると思います。ハンサムで上品な中年紳士の場合は、予定ではなく記録なので、うっとりもうんざりもないかな~?
ちなみに何の講座だったのかが気にかかります。後日のブログ記事でのお楽しみかしら?

おなら出ちゃっ太
2018年12月19日 22:48
海 さん>>
コメントありがとうございます。
うっとりかうんざりかは田舎おじさん様へのコメントに書きましたが、私は「うっとり」に一票かな。
どうも物の見方が意地悪でいけません。島〇作だと、出っ歯でメガネをかけた嫌味なオッサンの役回りを割り振られそうですなあ、やってみたいけど。

この記事へのトラックバック