テーマ:その他

キャッシュレスで買い物をしてみました

これまでキャッシュレス決済には興味がなかったのですが、それじゃあ時代と社会の流れに逆行するばかりだなと考え直しました。 で、今回、キャッシュレスで買い物をすることに挑戦してみました。 ご存じのように、キャッシュレス決済の手段としては、クレジットカード、スマートフォンのアプリなどなどがあります。頃日ではスマートフォンのアプリを使ったQR…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

どこかバランスがおかしい

信号待ちをしていて、何気なく振り返ると紅葉とテレビ塔のコントラストが素敵だなあ、と思ったのでスマートフォンで撮影してみました。 しかしこうして写真にしてみると、別に素敵でもなんでもありません。ありふれた街角のくすんだ景色にすぎない。 撮影する際のバランスがおかしいのでしょう。 写真というのは、目で見ている景色よりもずっと狭い範囲を…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

その女の子は朝の街角で号泣していた

ある朝、会社に出勤する途中、女の子が号泣する声が聞こえました。 「いやだ~、ママといっしょがいい~、バイバイするのいやだ~」 女の子は、たぶん幼稚園の年長さんくらいの年頃。かなり力が入った鳴き声で、何十台もの自動車が行きかう交差点の向こうからハッキリと聞こえてきました。 母親らしき女性に手を引かれて、小さなリュックサックを背負っている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

軽減税率の風景その4

2019年10月1日から消費税が8%から10%にあがりました。 日用品などをまとめ買いした方も少なくないようです。 逆に軽減税率の適用範囲を勝手に拡大解釈した人もいました。 会社の上司なのですが、今時には珍しい喫煙者。電子タバコに切り替えているので「ヘビースモーカー」とまではいかないかもしれませんが、タバコが値上がりしようが身体に悪か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

軽減税率の風景その3

2019年10月1日から消費税が8%から10%にあがりました。 日用品などをまとめ買いした方も少なくないようです。 トコロガシカシ。 食料品までをまとめ買いした、という人もけっこういたみたいですよ。 あれだけ軽減税率について報道されていたのに、増税前夜の熱狂に中てられて「飲食料品は軽減税率で8%に据え置き」という基本中の基本的なこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

消費税増税後の風景

2019年10月1日から消費税が8%から10%にあがるので、日用品などをまとめ買いした方も少なくないようです。 トコロガシカシ。 2019年9月30日まで348円で売られていたティッシュペーパーが、翌10月1日には298円だった、というケースもあったらしい。 しかも348円で先を争って買っていた人がいたのに、298円のそれは誰も買う人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オフィス街の美人さん

札幌のオフィス街を歩いていると、かなりの頻度で美人さんを見かけます。 その日も交差点で信号待ちをしている美人さんがいました。落ち着いた深い紺色のジャケットに白いフレアスカートをなびかせて信号が変わるのを待っている姿も様になります。 強いて言えば、ふくらはぎのあたりで黒いストッキングに穴があいているのが難点でしょうか。あれは伝線しやすもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

軽減税率の風景その2

軽減税率が導入された2019年10月某日、コンビニエンスストアのレジでこんなやり取りを耳にしました。 「お客様、イートインでお弁当をお召し上がりになると、税率10%でお会計いたします」 と店員さんが説明していました。すると女性客が、ちょっと過敏とも思える反応を示したのです。 「わかってます、それでもここで食べたいんです、お弁当を家でひ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

軽減税率の風景

2019年10月1日より消費税が10%になり、食料品には軽減税率8%が適用されています。 目新しい制度が始まって一部では混乱もあったようですが、おおむね順調に運用されているみたい。 もっともお店の側ではけっこうぞろっぺいな対応も見られました。 某パン屋さんでパンを買って、併設されているカフェで食べるつもりでいたら。 レジの店員さんは当…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

誰にでも秘密がある

誰にでも人には言えない秘密があるはずだ。 ハンサムで上品な中年紳士にも人には言えない秘密があります。どういう秘密か、それは書けません。 言えないくらいだから、書けもしない。 その書けない中から、あえて書けそうな秘密を選ぶとすれば(ずいぶんたくさんあるのだな)、2か月に一度くらいの割合で、通院と称して午後から有給休暇をとってカフ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

スリッパの利点と欠点

世の中には二種類の人間がいる。 家の中でスリッパを履く人間と、家の中でスリッパを履かない人間だ。 外から帰ると靴を脱いで家にあがる日本人にしか適用されないかもしれませんが。 ちなみにハンサムで上品な中年紳士は若い頃は「家の中でスリッパを履かない」二枚目の青年でした。スリッパを履かないのは面倒だから。 頽齢に至った頃日では…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラグビーW杯では日本代表が善戦しているようです

2019年のラグビーワールドカップでは、日本代表が初戦、第二戦と勝利をおさめました。それはいいのですが、一部報道で「番狂わせ」とか「奇跡」といった表現が使われており、まるで「まさか勝つとは思っていなかった」と言わんばかり。 まあ、そういう意味ではなく「世界の強豪を相手に信じられないほどの強さを発揮したぞ!」というニュアンスなのでし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これらは基本的な教養です

「『どこでもドア』があれば、通勤ラッシュに悩まないのに」 「どっちかというと、『タケコプター』で飛んでいきたいな」 こんな会話を交わしたことがある人は多いでしょう。 『どこでもドア』も『タケコプター』もドラえもんに出てくる未来の道具です。子ども向けのマンガに出てくるアイテムながら、70歳以下の日本人なら知らない人はいない、と断言したい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラグビーワールドカップ開催目前の思い

ラグビーワールドカップの開催が迫っています。まったく楽しみではありません。 ラグビーは女子カーリングとは違います。第一、ラグビーは地面の上で行われますが、カーリングは氷の上の競技です。しかも女子カーリングならば、楚々とした女子選手が真剣な目でストーンの行方を追いながら、モップで床を掃除する健気な姿が見られます。男子カーリングはどうでも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「首っ玉亡霊」という怪談話を分析してみる

紅顔の美少年を襲った怪談話、「首っ玉亡霊」は都市伝説のお約束をきっちりと踏まえています。 まず、ハナシの出所。 隣町の小学生がわざわざ伝えにやってきたのです。 「首っ玉亡霊」を信じないことは、その労力を無にするワケです。それは申し訳ないですよ。 しかも「友達のお兄さん」から聞いたハナシです。 「首っ玉亡霊」を信じないことは、その友達だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

首っ玉亡霊

小学生4年生のころ、実にオソロシイ恐怖の噂話に見舞われました。 将来はハンサムで上品な中年紳士になる紅顔の美少年が遊んでいると、級友のひとりが見知らぬ少年を連れてやってきました。見知らぬ少年は隣町の小学生で、恐るべき情報を携えてやってきたというのです。 その情報とは。 「首っ玉亡霊」というお化けがこの町に近づいている。隣町…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝のバスで見かける素敵な女の子と中年男性の不思議な行動

朝の通勤バスに、高校生と思われる素敵な女の子が乗ってきます。日本人形っぽい顔立ちの賢そうな娘さんです。 彼女が窓側の席につくと、すかさず中年の男性がその横、通路側に座ります。 毎朝々々、必ずです! ほかにも空席があるにもかかわらず、その中年男性は女の子の隣に座るのですよ。 なぜか。 どうも父と娘だから、らしい。 よく見ていると、中年…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「なります」って言わないで!

他人様の言葉遣いにケチケチとネチをつけるのは、あまりお行儀のいいことではありません。 あ、間違えた、「ネチネチとケチをつける」、でした。 で、ネチをつけたいのは、相変わらず猖獗を極める「なります」言葉です。 (ケチをつけたいのだな) 図書館で予約した本の貸し出しを受ける際、窓口の女性が言うのです。 端末機で確認して、 「届いている資…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高速バスが接触事故を起こしたら

仕事を終えて、札幌から小樽の邸宅に帰るのに、高速バスに乗っていたら軽い接触事故を起こしてくれました。 高速道路上にあった工事標識か何かに当たったようで、乗っていた我々にも「コツン」という音と響きが感じられました。 どうせ大したことじゃないよね、と思っていたら、さにあらず。 運転手さんはバスを停めて会社に連絡し、現場近くの路肩で待機する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハンサムで上品な中年紳士の健康診断結果

身長175.0cm、体重60.1kg、BMIは19.6、腹囲73.5cmの貧相な体躯を誇ります。 身長は昨年よりも0.5cm位のびています。頽齢に至っても成長している、のではなく昨年が縮んでいたのでしょう。いや、単なる誤差か。体重は服を着ての数値です。全裸の場合、ここから1kgひいた値です。 総コレステロールは159mg/dl、HDL…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日曜日のお昼ご飯用に

ある日曜日(具体的には2019年09月1日ですが)、奥さんが外出していたのでお昼ご飯用に作りました。 ごく、ぞんざいに作った玉子焼き海苔弁当です。 ぞんざいでいいの、どうせ自分で食べるんだから。 この平たい卵焼きと海苔を二段重ねにして醤油を軽くふったお弁当が好きなんです。 幼稚園のころは、毎日これを持って行ってました。 このお…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

日傘に関する苦労話と強引な仮説

通勤や社用での外出の際も、日傘を使っています。 多少、世間の注目を集めている、ような気がする。 「日傘男子だ!」 「いや、日傘オヤジだろう?」 「いやいや、日傘ジジイだな」 そんなことを言われている気がする。 いやいやいや、日傘をさしたくらいで、世間はそれほど注目はしないでしょう。 もともと上品さや二枚目ぶりで注目を集めていたのですから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チェコで生まれた新スポーツ・Snowfeetって

靴のままゲレンデを滑る感覚!チェコで生まれた話題の新スポーツ『Snowfeet』という記事。 映像を見て驚いたのは、スキーもスノーボードも海水パンツもなしでゲレンデを滑走していることです。記事タイトルにあるように、まさに「靴のままゲレンデを滑」っているかのようです。 まあ種明かしをすれば、靴の下に「Snowfeet」と呼ぶ小…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

職場に石ころが並んでいると

気に入った石ころを、時として手の上で転がしたりして遊んでいると、心が落ち着いていいものです。 トコロガシカシ。 風流を解しない人々は、どうしてデスク上に石ころがあるのか不思議がっています。 面倒なので最近では、 「気に入らない上司にぶつけるため」とか、 「声をかけても聞こえない奴には、石をぶつけて気づかせるため…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

日傘オヤジデビュー

頃日の日光の強さったらないですね。ハンサムで上品な中年紳士は頭髪がないので、マトモに頭皮で直射日光を受けるので特にツライ! 帽子もかぶるのですが、直射日光を避けるのはごく一部だけで、身体全体は暑い! そこで一度、奥さんの日傘を借りてさしてみたら、これが実に快適でした。当たり前のことですが、日傘をさすということは、ポータブルの日陰…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石を見分けるのは難しい

昆虫でも細かな種を見分けるのは難しいのですが、石の見分けはそれ以上に難しいですね。 何しろ、同じものは二つとしてない。色、質感、大きさ、ぜんぶが違います。 もちろん、ひとつの大きな岩から砕けてできた石は、おおむね似たような様子をしてはいます。 しかし、ひとつの岩でも場所によって組成が異なることがあるので油断はできま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日からお盆休みなのだ

今日からお盆休みに入ります。 世間では、今年(2019年)のお盆休みは8月18日までの9日間という、ゴールデンウィークに引けをとらない超大型の休みのところが多いようです。ハンサムで上品な中年紳士の勤め先も、9連休であります。中小企業のクセによく頑張った!
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

王者の魂を見よ!ジャイアント馬場展

札幌、東急百貨店で「王者の魂を見よ!ジャイアント馬場展」を見てきました。 「ジャイアント馬場展」とはいっても、プロレス興業のポスターと写真パネル、チャンピョンベルトなどの展示が主体でジャイアント馬場ご本人には会えません。って、もうとっくに故人ですから。 ジャイアント馬場がリングで躍動する姿を脳裏にとどめている世代としては、なかな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

土用の丑の日にテレビ取材を受けたのだけど

2019年7月25日、土用の丑の日に社用で三越デパートの地下食品売り場に行きました。 とある会合用のお弁当を注文しておいたので、受け取りに行ったのです。ちなみに、そのお弁当はハンサムで上品な中年紳士の口には入ることはありませんでした。 土用の丑の日ですから、当然、うな重とかウナギのかば焼きを売っているコーナーもありましたよ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウェットティッシュ持参の色男なのだ!

通勤用のカバンにウェットティッシュを常備してあります。勤め先のデスクの引き出しにも入ってます。 ウェットティッシュで手をふいていると、よく言われます。 「見かけによらず綺麗好きなんだね」、と。 「見かけによらず」が気になります。 どんな見かけなんだ。 汚れなんて気にしない豪放磊落でハンサムな野武士のようだというのか。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more