テーマ:狭心症-バイパス手術

太らないからと言っても食べすぎはよくない

心臓冠動脈バイパス手術後、体質が変わったのは食べても太りません。 ま、今のところ、ですが。 それで安心して油断して、スィーツなどを間食に食べたりしています。 たまにコンビニエンスストアのオリジナル商品などを買うことがあるのですが、ちょっと大きい! 食べている途中で飽きるくらい大きい! 一般にコンビニエンスストアで売られ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

太らないからと言って健康とは限りませんから

ここ半年ばかり、体重が60kgを超えません。 食欲はあって普通に食べている、というよりも食欲は旺盛で結構食べています。 それでも59kgどまりです。 身長が175cmくらいですから、BMI値なら18.9はまずまずの数値でしょう。 (18.5以下なら痩せすぎ、25以上なら太りすぎ、その間なら標準、とのが目安) 体重やBMI値…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心臓冠動脈バイパス手術から一年たちました

思えば昨年(2018年)の今日、狭心症のために心臓冠動脈バイパス手術を受けたのでした。 朝から落ち着かない思いでお迎え(と書くとあの世からのお迎えのようだ)を待ち、いよいよとなると車いすで手術室に運ばれていくときの気分を昨日のことのように…思い出せない。心細かったのだと思うけども、手術室に入るまで眼鏡をかけていてヨイという事前の説…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

痩せゆく男

リチャード・バックマンのホラー小説に「痩せゆく男」という本がありましたね。皮下脂肪も内蔵脂肪もたっぷりだったデブデブデブ~ンなころはひたすらウラヤマシイタイトルでしたけどねえ…。 最近はそうも言っていられなくなりました。 心臓冠動脈バイパス手術後、というよりも退院後に体重が落ちています。 退院時は63.5kgあった体重が、最近…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

昨日(2018年10月27日)の午後は小樽市民病院開院90周年記念の市民公開講座へ

本日(2018年10月27日)は、小樽市立病院開院90周年記念病院まつり・市民公開講座が行われていました。 ハンサムで上品な中年紳士が入院し、心臓冠動脈バイパス手術を受け、無事に退院したのが90周年という記念すべき年であったことを踏まえ、市民公開講座で講演を依頼されました。 ということはまったくありません。 小…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腕の手術痕も癒えてきました

4月に受けた心臓冠動脈バイパス手術から半年が過ぎました。 手術直後はこんな風だった左腕の手術痕です。 切開部分が生々しく、医療用ステープラーでとめていたために不自然に盛り上がっています。 ちょっとしたフランケンシュタインというか、特殊メイクですね。メイクじゃなくてリアルですけど。 一ヶ月後の5月にはこんな…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

少しでも幸せな気分を味わえます(ココロも舌も)

心臓冠動脈のバイパス手術以来、体重が十キロ落ちました。メタボリックシンドローム健診の腹囲測定でも7センチ減の75センチです。おかげでスリムでハンサムで上品な中年紳士と成り果てました。貧相なオヤジとも言います。 スリムになったのは食べる量が減ったからです。三度三度のご飯はそう減ってはいませんが、間食がほぼ無くなりました。勤務先で毎日…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

痛み止めを服用しました

狭心症による心臓冠動脈バイパスから4ヶ月ほど経ちました。 すっかり健康体になって体力も取り戻し……、というワケにはいってません。 創部の痛みや疲れが出るなどの症状をいまだに引きずってます。 特に骨の切開部が今頃になって痛い、気がする。 思い当たる原因は、プランクです。 ちなみにプランクって、お分かりですよね。 腕立て…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

(心臓冠動脈バイパス手術後余談)退院後二度目の外来診察を受けて

今日は待ちに待った、ワケでもありませんが、退院後二度目の外来診察日でした。 採血、レントゲン、心電図などの検査を受けて主治医の診察を受けました。 経過は良好とのことで、普通の生活をしてもヨイとのお墨付きもいただきました。 これまで胸を締め付けていた胸帯(きょうたい)もはずすことができて、胸のまわりが楽になってスッキリしたような…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(心臓冠動脈バイパス手術後余談)手術後3ヶ月が経過しました

狭心症による心臓冠動脈バイパス手術から3ヶ月が経過しました。職場に復帰してからは一ヶ月が経過。 急に胸が苦しくなったり締め付けられたり刺すような痛みを感じることもなく、無事に過ごしております。 ただしフトコロ具合が苦しい、奥さんに小遣いの使途不明金などに関して締め上げられる、家族の刺すような視線が痛いなどは改善されることはありません…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

(心臓冠動脈バイパス手術後余談)実践はリハビリに勝る(のか?)

心臓冠動脈バイパス手術を終え、一ヶ月の自宅療養を経て職場に復帰できました。 3ヶ月のブランクは小さくはありませんが、徐々に慣れてきています。 はじめのうち、勤務先がある札幌市大通から札幌駅前まで歩くと、ずいぶんと疲れました。疲れるだけでなく、足が痛くなったものです。脛とか足の甲の筋肉や筋が痛かった! 一ヶ月近く通勤している…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

(心臓冠動脈バイパス手術後余談)手術の前夜は気が昂ぶっていたのか

できるだけ平気でいようと思っていたのですが、バイパス手術の前夜は気が昂ぶっていたようです。 送信済みメールを見たら、友人にあてて「明後日のお悔やみ欄をお楽しみに♪」なんて書いてました。 似たようなことを FaceBook にも書こうかとも思ったのですが、リアルな知り合いで、しかもあまり冗談が通じない人もいる場所柄なので遠慮しまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(心臓冠動脈バイパス手術後余談)血管につまっていたのはきっと

前にも書きましたが心臓冠動脈バイパス手術後、体重がずいぶん減りました。以前は67~68kgくらいだったのに、今では62kg前後です。5kgは痩せた計算です。 バイパス手術のオプションで、脂肪吸引してもらった覚えはありません。ご飯も普通に食べています。 では、なぜ5kgも痩せたのか? 思い当たることは、ただひとつ。 間食を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(心臓冠動脈バイパス手術後余談)バイパス手術にかかる費用

心臓冠動脈バイパス手術の費用ですが、手術代、入院費、薬代、施設使用料、サービス料など諸々でいくらぐらいかかったか。ざっと計算すると総額で1,200万円くらいでしょうか。 もちろん全額を支払っていたら、退院後に住む家もないという羽目になります。 そのために毎月のお給料から健康保険料を支払っているのです。ですが、そこから三割負担になって…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

(心臓冠動脈バイパス手術後余談)職場に復帰して

3ヶ月の長い休みから職場復帰するのは、少々敷居の高さを感じました。 「おや、何しに来たの?」と言われやしないか不安があったのです。 まあ、幸いにも内心はともかく表面上は温かい言葉で迎えてもらって一安心でした。 仕事は事務職なので、身体に負担がかかることもほぼありません。 今月は、身体を慣らしていき、本格的な仕事は来月から、の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

明日から出勤です

2月の末に発症した狭心症、そして心臓冠動脈のバイパス手術と、自分としては大事が続きました。 その結果として、3月から5月まで3ヶ月もの長期間、会社を休みました。 欧米のようなロングバケーションの習慣がない身としては、大学を出て依頼の長期休暇です。もっとも、そのうち最初の一ヶ月は自宅で安静にして手術を待ち、次の一ヶ月はほぼ手術と入…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

(心臓冠動脈バイパス手術後余談)名前負けをした日々もあった

手術直後、医師や看護師さんから、頻繁に尋ねられたことがあります。 「おなら、出てますか?」 よく盲腸の手術をした後、腸がちゃんと繋がって機能していることを確かめるのに、おならが出たかどうか確認する、というハナシを聞きますね。 このたびハンサムで上品な中年紳士が受けたのは、盲腸ではなく、心臓冠動脈のバイパス手術です。別に腸を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(心臓冠動脈バイパス手術後余談)リハビリ中なのですが…

リハビリ中、とは言い条、自宅から数百メートルの距離を歩いて往復しているだけです。 行きは下りですが、帰りは不思議なことに当然のように上り坂に変わります。平地を歩くよりは負荷がかかって運動にはなるでしょう。 初めは500メートルほど離れたコンビニエンスストアまで、次は800メートルほど離れたスーパーマーケットまで、そして今は、1キ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(心臓冠動脈バイパス手術退院後)退院後の方が臆病な自分を発見したのだ!

退院してからというもの、胸骨の人工骨折(切開)部が気になって仕方ありませんでした。 ちょっとした動作で、切開部が開いてしまうのではないか、ワイヤを通した穴が削れたり割れたりしないだろうかと不安で胸がいっぱいになります。不安で胸が膨らんだりしたら、やはり切開部が開いてしまう原因になりはしないかとまた不安で…。 もっとも、その部分に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(心臓冠動脈バイパス手術後余談)小指の痺れは改善したようです

入院中に比べて、左手小指および薬指の痺れが、ずいぶんよくなりました。 外を歩いているときなどは(小指を使わないせいもあるのでしょうけれども)、まったく気にならないほど。 実際にどれくらいよくなったのか? 入院中と現在を比較するために、SONY の VAIO-VGNP70 を引っ張り出してみました。入院中に使っていたノートパソコ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(心臓冠動脈バイパス手術退院後)外来での受診は初めての遠出外出でした!

退院から五日目の5月2日、外来で主治医の診察を受ける日でした。手術後初の外来受診であり、手術後初の遠出の外出、でもありました。 まあ、遠出といっても家から500メートルのバス停からバスに乗り、病院の最寄りバス停で降りてそこからやはり500メートルほど歩くだけですが。とは言い条、この日まで病棟内と家の周りしか歩いていない身にとってはちょ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(心臓冠動脈バイパス手術後余談)手術後には音楽を聴くのにも体力がいると実感した

いつもコメントを下さる narkejp さんのブログ記事へのコメントでも書いたのですが。 音楽を聴くのにも、なかなか体力が要ります。 それを実感したのは、手術後の読書の時間でした。別に小学校の朝の読書みたいに時間が決まっているワケではありません。ハンサムで上品な中年紳士が優雅に本を読んでいるときのこと、と言い換えてもよろしい。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

(心臓冠動脈バイパス手術後余談)リハビリの事情はやや心許ないのであった

退院してからは、少しずつ家の周りを歩いてリハビリとしています。 小樽は坂の街であり、我が家も坂の上、ほとんど山の上と言ってもいいような場所にあります。近所を散歩するにしても、行きか帰りには坂を登らないと家に帰ることができません。坂を登るというのは、平地に比べて体力がいるので、まあリハビリには最適でしょう。 このリハビリの事情につ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(心臓冠動脈バイパス手術後17日目)いよいよ退院当日

いよいよ退院を迎えました。手術から十七日目、入院から数えて二十四日目での退院です。 若いイケメンドクターが脚の傷を確認して、 「うん、きれいになおってますね」と言った直後、「あれ…?」と首を傾げました。 医師が「あれ…?」と言ったり、首を傾げたりすると、患者としてはドキンとします、心臓に悪い! 心臓の手術をしたばかりだという…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

(心臓冠動脈バイパス手術後16日目)退院前日

退院を翌日に控え、主治医や薬剤師さんと色々とお話しをしました。 ドクターからは、「珈琲を飲んでもいいよ」とお許しをいただいたのがうれしかったです。 見舞いに来てくれた妻と、自動販売機でイタリアンロースト珈琲を買って一緒に飲みました。えーと、缶コーヒーなどではなくて、紙コップで出てくるタイプのものです。病院内の売店(コンビニエ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

(心臓冠動脈バイパス手術後13~15日目)退院に向けた動きなど

このあたりから、退院へ向けた動きが色々と出てきました。 まず、残っていたステープルをリムーブ。脚と腹(ドレーンの穴)に残っていたものです。 栄養士さんから退院後の食事についての指導があったり、看護師さんから退院後の生活についての資料を渡されました。 また退院前日の夕食について、メインのおかずをチキンのシチューにするかフライの盛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(心臓冠動脈バイパス手術後余談)血管はピンポイントで詰まっていた

手術そのものは無事に終わったのですが…。ちょっと、いや、大いに気になるのが、今後の再発の可能性。 また、あの胸や顎、歯の痛みが襲ってきたら、再度、バイパス手術が必要になるのかどうか。 回診に来た主治医に、我が心臓血管について質問してみました。 心臓血管の他の部位に石灰化などがなかったか、どうか、です。 この知見も、 danc…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(心臓冠動脈バイパス手術後12日目)手術後初めてのシャワーです

主治医と若くてイケメンと二人のドクターが胸や腕の傷を確認すると、何やら納得して帰って行きました。経過が良いということなのでしょう。 その証拠に、というのか看護師さんがやってきて「今日からシャワーをしても大丈夫ですよ」と知らせてくれました。入院以来、ずっと装着していた24時間の心電図も外されました。 心電図を外されると、何のために病室…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

(心臓冠動脈バイパス手術後11日目)友ありて遠方より来たる

涙が出るくらいうれしいことがありました。 大学時代の友人2名がお見舞いに来てくれたのです。 このブログに「たけちゃん&ビーフ」としてコメントをくれる二人です。 なにしろ、「たけちゃん&ビーフ」の一方とは、ハンサムで上品な中年紳士の無礼により絶縁を宣言されていたのです。 ですから見舞ってくれたことはとてもうれしく、砂漠で冷水の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

(心臓冠動脈バイパス手術後11日目)抜糸が完了しました

今日ですべての抜糸(医療用ステープルのリムーブ)が終わりました。 抜糸したあとは、紙のようなビニールのようなテープを貼ってあります。 一見すると、貧乏臭さをマンガ的に表現したような様子です。 ほら、よくあったでしょう? 窓ガラスが割れたのをテープで留めて修理してあるのとか。 ※注意!・以下に腕の傷跡画像(テ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more